蔵方菜央のwikiプロフ!出身小学校や中学(進路)は?親や兄弟も調査!

 

ミライモンスターに出演する女の子。

未来の野球界を背負う蔵方菜央さんを、
wiki風にプロフィールを紹介します。

 

NPB12球団ジュニアの中でも一線を画す。

ひばりヶ丘ヤンキースに所属しながら、
埼玉西武ジュニアの投手としても活躍!

 

そんな、スーパー小学生蔵方菜央さんの、
出身小学校中学校の進路が気になります。

ご家族である、両親兄弟はいるのか?

ピッチャーなので、性格などの内面や、
精神力といった部分も気になりますねw

 

スポンサードリンク


蔵方菜央のwiki風プロフィール

 

 

  • 名前:蔵方菜央(くらかた なお)
  • 生年月日: 2005年-
  • 年齢:12~13歳
  • 出身:東京都西東京市
  • 学年:小学6年生
  • 身長:161cm
  • 体重:50.5kg
  • 所属:ひばりが丘ヤンキース
  • 所属:埼玉西武ジュニア
  • ポジション:投手・左投左打
  • 自己最速記録:116km/h
  • 家族:父・母・姉・兄・菜央さん

 

出身小学校はどこ?

 

ここは気になりますよね( *´艸`)

プロフィールを見ると分かりますが、
謎を解くヒントは2つありました。

 

  • 東京都西東京市
  • ひばりが丘ヤンキース

 

特に『ひばりが丘ヤンキース』ですね。

40年前に発足された軟式の少年野球チーム。
そして5つの小学校の子供達が入団。

 

  1. 西東京市立中原小学校
  2. 西東京市立谷戸小学校
  3. 西東京市立住吉小学校
  4. 西東京市立東小学校
  5. 東久留米市立第五小学校

 

この上記5校まで絞ることができました。

残念なことにこれ以上の詮索は、
児童法の観点上、法に触れる危険が・・。

その辺なんだな、とご理解下さいませ。

中学校の進路は?

 

実は、この辺は判明していません。
ミライモンスターで語ると思うのですが^^;

本人の意思は以下のコメントを残しています。

 

中学では強豪硬式クラブチームに入部予定

 

強いクラブチームに入るのは確定なので、
学区内にある公立中学校に通う可能性も。

強豪の野球部がある中学に進学するのかも。

この辺の事を、ミラモンで語るでしょう(*’▽’)
分かり次第、すぐに更新させて頂きます♪

両親や家族について

 

こちらも、ミラモン放送で判明します^^;

ひばりが丘ヤンキースの公式HPには、
集合写真があったので、蔵方菜央さん?

という認識で確認はできました。
その背後に写る男性が、お父さんかな?

というゴシップな予想もできるのですが、
関係ない方を紹介するのは危険と判断!

なので、もう少しだけお待ち下さいませ。

追記です

 

 

 

画像が見づらいと思うのですが、

上の画像にお姉ちゃんの姿が、
下に、お父さんお母さん

お父さんは40代後半でしょうか。
逆にお母さんは若い印象を受けました。

 

ご両親もスポーツ万能のようです。

お父さんはバスケットの選手でした。
お母さんは短距離走の選手。

スプリンターの遺伝子を受け継いだ!?

 

お姉ちゃんは高校生?
お兄さんは3つ年上なので、中学生。

といった5人家族の末っ子のようです。

 

蔵方菜央さんは、サッカーや水泳など、
多種のスポーツを行うも、

結果的には野球を選んだようですね。

 

この野球を始めたキッカケを作ったのは、
3つ上のお兄さんなんですね。

兄を後ろを追いかける妹の姿

どこかで見かける光景が浮かびます(*’▽’)

スポンサードリンク


蔵方菜央のココが凄い!!

 

蔵方菜央さんの凄い所は、
左の強肩から繰り出される剛速球です!

 

 

序盤こそコントロールの乱れからか、
狙いが定まらないシーンも目立ちました。

しかし結果だけみれば、十分といえます。

この試合に対するネットの反応も紹介↓

 

 

もう大絶賛のコメントばかりなんですw

稲村亜美超え」という声が目立つも、
稲村さんは、神スイングのほうですしねw

 

追記です①

 

ひばりが丘ヤンキースでは本気が出せない?

説明しますと、蔵方菜央さんは当時、
110kmの速球を投げることができました。

しかし、その球を捕るキャッチャーが不在。
速すぎて誰も球を捕れないのです^^;

なので、監督からは信じられない発言が・・。

 

7割の力で投げなさい

 

おそらくは、80kmほどで投げていた??

フラストレーション溜まりまくりですね。
そんな時に、埼玉西武ジュニアに召集。

菜央さんの球を捕れるキャッチャーが、
埼玉西武ジュニアにはいたのです。

その日を境に、本気で投げることができ、
MAX116kmという剛速球に繋がるのです。

 

追記です②

 

 

もう少しで女子プロ平均に並びそう

この取材の時の再拘束は114kmですが、
この後の試合で、MAK116kmを記録!

つまり、プロと肩を並べる日も近い!?

 

余談ですが、大谷選手の小学生当時は、
MAK115kmだそうです。

体が出来上がる前とはいえ、超えた(汗)

 

追記③

 

土日にはチームで練習を行い、
平日の水・木曜日は野球塾に通っています。

その野球塾の名前は、

 

プリマヴェーラ・リオーネ

 

元巨人・小野剛さんが代表を務めます
小1~中3のプロを目指す為の野球教室

住所は埼玉県狭山市南入曽448-3

 

菜央さんは、電車に乗って通うそうです。
考えただけでも大変な気がしてきます^^;

最後のまとめ

 

将来の日本を背負うこと間違いなしです!

動画で見ると分かると思いますが、
精神面でも問題なさそうですよね??

 

おそらく性格は、物怖じしない性格のはず。

堂々とした佇まいは、家族やチームなど、
野球を通して身に着けたモノでしょうね。

 

プロのマウンドに女性が経つ日も近い!?
そういった未来を描くのも自由のはずです。

私が生きてる間は応援し続けますw
ちなみに私の子供と蔵方菜央さんは同級生。

↑ 最後に無駄な情報でしたw

 

追記です

ミライモンスターの放送を見た結果、
将来の夢が判明しました。

 

マドンナジャパンのエースになる!

今は、この目標に向かって全力投球の日々。
夢を叶えるための青春時代っていいですねw

背番号にもこだわりがあり、
憧れの選手にダルビッシュ有の名を挙げます。

 

ダルビッシュの背番号は11。
そして蔵方菜央さんも背中に11の数字を。

憧れでもあり、少しでも近づきたい!!
追いつき追い越したいという気持ちは大切。

そんなひた向きな姿に心打たれる私ですw

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.