Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
自転車のまとめ

クロスバイクの泥除けはダサい?おしゃれで人気のフェンダーも紹介!

 

スポンサードリンク

 

クロスバイクの泥除けはダサい!

世間では、上記の理由で敬遠され、
最初から付けないという方も多い!

 

そんな不遇な泥除けに救世主!?

 

ということで、お洒落で機能的な、
人気のフェンダーをご紹介します!

現在では、フルフェンダー以外にも、
折りたたみのフェンダーもあります。

メリットやデメリットも調べました♪

泥除けがダサいから付けないの?

 

クロスバイクやロードバイクなどに、
泥よけを付ける人はかなり少ないです。

その一番の理由は見た目だと思います。

 

実際、泥除け付けて走る姿を見ましたが、
世間が言うほど格好悪くはありません。

フェンダーのデザインによっても変わる為、
全てのフェンダーがカッコいいわけでは。。

 

私の個人的な意見を言わせてもらえば、
やはり “つけていない方が格好いい” ですw

ついている状態と、そうでない状態とを、
並べて見比べてみると分かると思いますが、

泥除け(フェンダー)が付いていると、
若干ママチャリよりに感じられるのです^^;

 

ということで、見た目重視の方は付けない。
付けないほうがカッコいいという理由です。

実際に泥除けにはどんな意味があるのか?
そちらを詳しく書いた記事がコチラです ↓

 

あわせて読みたい
クロスバイクに泥除けは必要か?付ける理由や雨の日の対策について クロスバイクに泥除けは必要ない? 見た目重視で、乗る方であるならば、 おそらく「泥除けは外す」の一択です...

オシャレな泥除けってあるの?

 

でも、やはり雨の日に濡れるのは嫌なので、
天気の悪いときだけ取り付けようかな(*’▽’)

という選択肢も、当然あると思います。

 

ネジで取付けるフルフェンダー以外なら、
実は、簡単に脱着ができる物もあります。

どうせ付けるなら、ダサいと笑われずに、
少しでもオシャレなものをつけたいはず!

どんなフェンダーが人気なのか??
下記にていくつかご紹介させて頂きます。

 

まずは、フルフェンダーです。
泥よけには最も高い効果を発揮します!!

 

フルフェンダー

 

まずはフルフェンダーからご紹介します。

性能面では他を圧倒するフルフェンダー。
取り付けは、少し難しいかもしれません。

しかし一度取り付けてしまえば、後は楽!

 

サイクルデザイン フルフェンダー

 

ジーアールケー サニーホイル
700C用 PCフルフェンダー

 

見た目はとてもシンプルなのですが、
フルフェンダーなので、性能はgood!

価格も・・とっても安いのも有難いw

取付方法は、下でご紹介しています ↓

 

ワンタッチタイプのフェンダー

 

取り付けが簡単なワンタッチタイプです。

フルフェンダーほどではないですが、
程よい長さで、比較的高い泥よけ効果大!

見た目も格好いいので街乗りに人気です。

 

OGK クロスバイク用フェンダー

 

 

前後、別販売になってしまいます。
しかし両方買っても5000円以下(送料別)。

 

Zefal(ゼファール)
リアフェンダー スワンロード

 

リアフェンダーのみの紹介なのですが、
OGKのフロントと組み合わせてもOK!

スワンというだけあって、独特な形w
この形で他の人と差別化できますよ(*’▽’)

 

折りたたみタイプのフェンダー

 

折りたたみタイプは、携帯性に秀でて、
いざという時に活躍してくれます。

あくまで簡易的な物だとご理解下さい。

 

マジックワン(MAGIC ONE)
ASS SAVERS フェンダーベンダー スリム

 

 

なんと、3つ折りにたたむことが可能!

折り曲げでサドルのしたに収納できます。
荷物がかさばることがないので便利です。

 

スポンサードリンク

クロスバイクの泥除けの取り付けは難しい?

 

初心者には難しいんじゃないの?

 

確かに、フルフェンダーは難しいかも。
もちろん慣れてる方は、簡単ですが^^;

初心者や女性にとっては難しいかもです。
しかし、これも慣れると実は簡単です!

 

 

合わせて折り畳みのフェンダーも紹介 ↓

 

この折りたたみが一番楽ですね(笑)

あくまでも簡易的な性能なので^^;
ただ、いざという時に役立ちます♪

フルフェンダーと折りたたみの差は?

 

泥除け(フェンダー)はできるだけ長く
タイヤがはみ出さない方が効果が高い

なのでフルフェンダーのメリットは、
タイヤを広く覆う為泥よけ効果が高い

 

デメリットは完全固定タイプなので、

走っている途中で晴れたからといって、
取り外すわけにはいかないことですね。

 

もうひとつのデメリットは、
重量が重くなってしまうことです。

せっかく軽量にデザインされたバイクに、
重量の重いフェンダーを取り付けるのは、
少し抵抗があるかもしれません。

そして、やはりフルフェンダーといえば、
見た目がママチャリのようになってしまう。

最も気になるのはその点だと思います。

 

対して折りたたみメリットは、
荷物がかさばらず、携帯できるということ。

雨が降りそうなときに携帯しておいて、
降り始めたら取り付け、晴れたら取り外す。

という使い方が可能です。
重量もフルフェンダーに比べてとても軽い

 

デメリットは商品によっては走行中にずれ
外れて無くしたりもすることです。

そして、盗難被害にあったりすることです。

簡易的な作りなので、長さが短いタイプは、
完全に泥跳ねを防げないことです。

泥除けは折りたたみでも機能に問題ない?

 

折りたたみは短い物や長い物があります。

短い物は少し路面が濡れていても、
ゆっくり走ればある程度の効果があります。

雨が強い時に使用すると効果は半減します。
なので、ないよりはマシという感じです。

 

逆に長い物は短い物より携帯性は悪いですが、
長さがあるので泥よけ効果が高くなります。

なので、しっかり泥跳ねを防ぎたい場合は、
長いものを使用することをお勧めします。

最後のまとめ

 

見た目はこの際、遠くに置いておきますw

ともかく、完全に泥よけしたいという方は、
フルフェンダーを強くお勧めします。

 

ただ、フルフェンダーを取り付ける場合は、
自分で取り付けが可能か確認をして下さい。

場合によっては加工が必要になったり、
取り付けが無理な時もあるかもしれません。

 

折りたたみや簡易的な泥よけに関しては、

ずれたり外れたりすることもあるので、
走行時には注意が必要になってきます。

 

OTGzefalのようなワンタッチタイプは、

取り付けがとても簡単な作り(製品)で、
意外と見た目もオシャレなのでお勧めです。

 

ご購入の際は取り付けができるか確認する為、

タイヤの幅であったり、
取り付け位置等のチェックをしてくださいね。

また、商品のレビューや口コミなども、
隅々まで読んでおくと参考になると思います。

 

スポンサードリンク