Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
自転車のまとめ

クロスバイクに泥除けは必要か?付ける理由や雨の日の対策について

 

クロスバイクに泥除けは必要ないの?

 

見た目重視で、乗る方であるならば、
おそらく「泥除けは外す」の一択です。

しかし、泥除けの本当の役割とは??

 

見た目を気にすのは良いと思います。
しかし、役割を理解することも大切!

付ける意味や雨の日の対策もご紹介!
最後まで、是非読んで下さい( *´艸`)

 

クロスバイクに泥除けは必要なの?

 

もともとクロスバイクというのは、
スポーツサイクルという位置付けです。

なので、できるだけ速く走れるように、
軽量化を目的として作られています。

 

そのため、かごスタンド
泥よけなどは基本的に付いていません。

スタンドは最初から付いいるのですが、
泥よけなどは、付いていないのが殆ど。

 

ですが、最近増えた通勤や通学など、
クロスバイクを日常で乗る人は大変!!

最初から雨が降っているのなら、
別の交通手段で通うこともできます。

 

しかし、一日曇りの予報だったのに、
午後から天気が崩れて雨が降ってしまう。

そういったことも意外と多いはずです。

そんな時に泥よけが付いているだけで、
とっても心強い味方になってくれます!!

 

クロスバイクに泥除けを付ける理由は?

 

実はクロスバイクに限ったことではなく、

自転車という乗り物は路面のホコリや、
砂などを巻き上げながら走る乗り物です。

雨天時は雨やホコリ、砂を巻き上げる為、
泥除けが無いと背中が泥だらけに(;´Д`)

 

服が汚れるのはもちろんですが、
体が濡れ、一気に冷えてしまいますので、

風邪を引いてしまうかもしれないのです。

 

見た目の問題ですが、背中が泥で汚れると、
大変格好悪い印象を受ける可能性も・・。

しかし、泥除けを付けるだけで、
これらの問題を一気に解決できるのです!!

 

泥除けが無いときの雨の日の対策は?

 

泥除けがない場合の最終手段はコレ!

 

レインコートを着ることですw

レインコートを着ることで服の汚れや、
体が濡れて冷えるのを防ぐことができます。

 

ただし、一般的なレインコートだと、

裾の部分をチェーンに巻き込んでしまい、
走行しにくいということもあります。。

自転車用の物を使用した方が良いでしょう。

 

 

男性ならこんな感じの物がオススメ!

 

 

女性なら、可愛い物がオススメ!

収納袋まで付いているのでお得ですよ♪

 

商品によってはコンパクトにたたんで、
探すと持ち運びができる物も沢山あります。

雨が降りそうな時は携帯しておくと便利!

 

レインコートや泥除けもない時は!?

 

それはごみ袋です。

頭と腕を通すように穴を開けるだけで、
簡易的なレインコートに早変わり!!

見た目はとーーってもダサいのですが、
いざという時にやってみて下さい( *´艸`)

 

泥除けを付ける人はどのくらいいるの?

 

泥除けは後付けで簡単に付けられます。

雨が降っている時だけ泥よけを付けて、
晴れの日は外すという方もいるはずです。

 

どの位の方が泥よけを使用しているのか?

正確な数字はわかりませんが、
泥除けは付ける人は極端に少ないかも。。

 

実際、私は自転車を趣味で始めてから、
約8年の経験年数があるのですが、

泥除けを付けている方は殆ど見ません ^^;

 

その一番の理由は見た目の問題ですね。

スタイリッシュにデザインされたバイクに、
泥除けは格好悪い印象を与えますからねw

 

泥除けが無くて困る場面や場所はどこ?

 

こんな場面を想像してください。

朝、出掛けたときには晴れていたのに、
帰りはどしゃ降りの雨が降ってしまった。

稀にですが。そんなこともきっとあります。

 

また、雨は止んでいるけれども、
路面が濡れた状態ということもありますね。

ほんの少しでも路面が濡れていると、
泥を跳ね上げ、背中が汚れてしまうことも。

 

場所に関しては路面が濡れている限り、
どんな道を走っても泥跳ねは起こりえます。

なので、雨が降るときには泥よけを装着し、
レインコートも備えておけばバッチリです!

 

最後のまとめ

 

 

泥除けというアイテムに関しては、

雨の日は、絶対に自転車に乗らない!

という方には全く必要のないアイテムです。

しかし、雨の日に通勤や通学などで、
自転車を使用する人には必須のアイテム!!

 

そしてレインコートを着ていたとしても、

レインコートが泥だらけになってしまうと、
見た目も格好悪いですし、洗濯も大変です。

 

そんな時に泥よけがあれば心強い見方!

フェンダーと表記されていることもあり、
商品を探す際はお気をつけくださいませ。

また、泥よけは極端に短い物もあり、
泥除けの効果が低くなってしまいます。

タイヤを覆う長さのある物を選んで下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。