Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ドラマ・映画関連

ちびまる子ちゃんとアンドレアのその後は?声優や原作(動画)も紹介

 

映画ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年が制作されたのが、2015年のことです。

放送25周年を記念して作られた作品で、映画作品としては第3弾の作品だったわけですね。

 

  1. 1990年公開
    『大野君と杉山君』
  2. 1992年公開
    『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』
  3. 2015年公開
    『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』

 

という映画3作品のラインナップです。

今回は、『イタリアから来た少年』のアンドレアに注目していきたいと思います。

 

多くの方はご存知だと思いますが、アンドレの声優は誰なのか?

アンドレアのその後、そしてこの話は故・さくらももこさんの実体験で実話?

 

合わせて、原作の紹介や無料で動画を視聴する方法も紹介していきますね。

原作に関しては、最近流行りの電子書籍が優秀すぎるので、合わせて紹介したいと思います。

 

簡単なあらすじ紹介

スポンサードリンク


原作を忠実に再現した内容なので、原作を読んだことがある方は、すんなり見ることができます。

逆に原作を知らない方向けのあらすじ紹介が以下になります。

 

 

 

簡単なあらすじ

花輪くんが通う英会話教室の先生の繋がりで、外国人6人の子供達がホームステイを目的に日本にやってきました。裕福な花輪家では「日本の良さを知ることができない」ということで、まる子達に一週間のホームステイ先としてお願いをするのでした。

今回の主役であるイタリア人の少年・アンドレアは、まる子の名前を聞くなり、ホームステイ先に「まる子」宅を指定するのです。そこから2人の思いがけない物語が始まるのでした。

 

補足として

アンドレアがまる子を選んだ理由は、半年前に亡くなったアンドレアの祖父・マルコが理由になります。まる子の本名はさくらももこなのですが、外国人にとっては関係ない話ですねw

 

※まる子という名前の由来

ちびまる子という名前の由来は、お姉ちゃんが小さいまる子に対して『ちびまる』って呼んだことがキッカケです。そこに、女の子だからという理由で『子』をつけて『まる子』になったのです。

 

祖父が生前お世話になった、日本人の夫婦を探し、お礼を言うのがアンドレアの目的なのでした。

ここからは本編のネタバレになってしまうので、この後のアンドレアとまる子の関係に注目して頂くと、大変面白い物語を見ることができます。

アンドレアの声優について

 

ご存知の方は多いので、この辺はサラッと紹介していきますね。

 

 

左から順に、

  • アンドレア:中川大志
  • シン:劇団ひとり
  • ネプ:パパイヤ鈴木
  • ジュリア:渡辺直美
  • シンニー:ローラ

 

見た目で選んだ・・気もするのですが、その時に旬として活躍された方々で選んだのかもしれませんね♪

中川大志さんは特別ということで、単独での動画もありました。よかったらご覧下さい↓

 

 

中川大志さんの声優(アニメ)は、このちびまる子ちゃんに出演しただけになっていました。

他のアニメ作品には参加していないことから、貴重な声優作品だったのかもしれませんね。

 

ちなみに、吹替の仕事では誰もが知る役を演じていました。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヘンリー・ターナー役として、立派に声の吹替をされていました。

意外と知られてない?ような気がするのは、私だけでしょうかw

まる子とアンドレアのその後は?

 

夢のない話をしてしまうと、物語自体はフィクション。つまり実話でも実体験でもないそうなんです。

といっても、アンドレアという男の子には、もしかしたらモデルとなった人物がいたのかもしれませんが、さくらももこさん本人しか分からないことです。

 

作品の中で、まる子が夢を語るシーンが印象的です。

まる子は「漫画家になりたい」と言うと、それを聞いたアンドレは「漫画家になったまる子を撮りたい」と言います。

これは、アンドレアがカメラマンを目指す?とも受け取れるシーンでした。この言葉を聞いたまる子は、より漫画家を志すキッカケにもなったのかもしれません。

 

作者名さくらももこ(本名:三浦みき)さんが漫画家を目指した時期も小学校時代なのだそうです。

ちなみに、ちびまる子ちゃんの設定は8歳小学校3年生です。

この時の自分と照らし合わせてアンドレアを表現したのかもしれませんが、本人のインタビューでも、その辺は語られてはいませんでした。

 

この映画だけの物語なので、アンドレアのその後を描いた作品は、残念ながらありません。

あくまでもフィクションなので、アンドレアのその後は ”想像” の域を越えられないんですね^^;

 

ただ今回の作品の中では「異文化の交流&友情」はあれど、『恋愛』はなかったのでは?と個人的に感じました。

国境を越えて、人と人との繋がりを表現した作品に感じたからです。

なので、アンドレアのその後は、母国でカメラマンを目指して奮闘するのでは?と勝手に予想してみました( *´艸`)

 

スポンサードリンク

このお店は存在するの?

 

作中の中で『道頓堀ののんき屋呑兵衛』というお店の名前が登場します。

大阪道頓堀の裏路地にある・・という表現(曖昧でごめんなさい)だったと思うのですが、道頓堀から徒歩で30分辺りに『のんきや』というお店は実在しました。

 

 

ジャンルは立ち飲み居酒屋・バー

ジャンジャン横丁の入り口近くにある立ち呑みの居酒屋さん。おでん湯豆腐等が名物で、どて煮が特に美味いいと評判のようです。

見是構えからすると、昭和初期?からそこに存在していたのでは?と思うほど、歴史を感じさせる外観なのでした。

 


 

他にも『スパゲッティ マルコ』というお店も登場します。

作中での場所は、上野2丁目という設定ですが、実際には存在しませんでした。

 

ですが、静岡県沼津市にあった、創業40年の「沼津マルコ」が関係しているのでは?と予想しました。

名物メニューに「あんかけスパゲティ」というのがありましたが、惜しまれつつも40年の歴史に幕を閉じた老舗でした。

 

後継者が現れず、歴史が途絶えると思った矢先に遊屋貴斗さんという方が現れ、後継人として新宿の四ツ谷駅前に『沼津マルコ』が移転オープンするのでした。

”上野” ではありませんが、さくらももこさんが静岡県出身ということも考えると、沼津マルコが関係しているのでは?と勘ぐってしまいますね。

関連書籍や商品

 

今回の映画について、原作を読みたい。または、動画をしっかり見直したい!という方がいらっしゃると思います。

動画に関しては、一部地域では放送しないことがあります。もしくは、見逃してしまったという方が対象になりますね。

 

まずは、原作を読んでみたい!という方はコチラをどうぞ↓

原作

映画原作特別描き下ろしの原作本になります。

紙の書籍よりも、電子書籍で買うほうが確実に読むことができます。紙は入荷困難ということで、購入しても手元に届くまでに時間が掛かります。

Amazon Kindle版や楽天電子書籍はおすすめです!

作品名 ちびまる子ちゃん キミを忘れないよ
発行日 2015年12月25日頃

Amazon Kindle版楽天電子書籍

 

イタリアから来た少年を無料で観たい!

 

この辺の紹介もサラッと紹介しますね。

FODを使えば、一ヶ月間は無料で視聴が可能ですよ!

 


 

FODというのは、フジテレビ オンデマンドの略です。

フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスをまとめた媒体のことで、

 

  1. マンガ
  2. 雑誌
  3. ドラマ
  4. 見逃し無料配信
  5. アニメ
  6. 雑誌読み放題

 

2ヵ月目以降は月額888円掛かるのですが、上記特典があるので、即効で元が取れます。

現在放送中のドラマを観れるのはもちろん、コードブルーといった人気作品もバッチリ観ることが可能ですよ(^^)

 

挿入歌

 

今回の映画で大原櫻子さんは、

  • オープニング曲『おどるポンポコリン(映画スペシャルバージョン)』
  • 挿入歌『キミを忘れないよ

 

上記の2曲を披露してくれました。

 

 

 

大原櫻子さんの、透き通るような歌声に酔いしれて下さいw

エンディング曲

 

 

ウルフルズ結成25周年を記念したフルアルバムの中に、ボーナストラックとして作られたのが、『おーい!!』という曲です。

ちびまる子ちゃん同様に25周年ということで、エンディング曲に選ばれたのかもしれませんね。←勝手な憶測ですw

最後のまとめ

 

さくらももこさんの生前の映画作品としては、今回の『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』が最後の作品になります。

2020年には、放送30周年を迎えることから、第4弾の映画作品も期待されていただけに残念でした。

 

多くの世代から愛され続けたちびまる子ちゃん。今回の作品もまた、さくらももこさんが愛した作品なのです。

動画に限らず原作も大変面白いので、読んだことがない方は、この機会に読んでみるといいかもしれません( *´艸`)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク