Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ファッション関連

ジャケットに合うパンツが知りたい!女性にモテる組み合わせも紹介!

スポンサードリンク


 

 

ジャケットに合うパンツが分からない

という悩みを抱える男性は意外と多く、
せっかくのジャケットが活かせない^^;

ジャケットといっても種類が沢山あり、
合わせるコツさえ掴めばコーデも簡単。

 

ということでパンツの合わせ方を紹介。

一見すると合わせるのが難しい物でも、
基本スタイルというのは必ずあります。

お洒落に自信がないです。という人も、
最後まで読んでみて下さいね( *´艸`)♪

 

ダウンジャケットに合うパンツや色について

 

 

 

黒のダウンジャケットを選択した場合、
下には、明るい色のパンツが合います。

特にワークパンツといった軽い素材は、
ダウンジャケットとの相性もバッチリ。

 

 

 

 

プロの販売員の意見

  • アウトドアカジュアル色の強いダウンジャケットにはワークパンツがオススメです。チノパン同様に使えて着まわしもしやすく非常に使いやすいパンツです。ダウンジャケットへの合わせはもちろん必ず持っておきたい1本となります。

 

色や素材について

  • まずはネイビー、ベージュを選んでいただければダウンジャケットへの合わせはもちろん、他のアイテムとも合わせやすく、素材が厚めの綿になりますので非常にタフで使いまわしがしやすく非常に重宝します。

 

ライダースジャケットに合うパンツや色について

 

 

 

バイク乗りが好むファッションですね。

レザーはタイトな印象を受けやすい為、
下にはシャープな印象を与えるパンツ。

スリムパンツのスラックスが合います。

丈に関しても、くるぶしまでの長さで、
長過ぎるとダサい印象が残るので注意。

 

 

 

 

プロの販売員の意見

  • カラーはグレーをオススメします。ライダースは一着目は黒を選ばれることが多いと思いますので濃淡を活かしグラデーションも見せられるグレーが秀逸です。

 

色や素材について

  • 素材はウールが少し混合されているとパンツに少し光沢が出てより綺麗な印象になるので、綿×ウールをチョイスしていただくとベストです。

 

デニムジャケットに合うパンツや色について

 

 

 

昔から定番のデニムジャケットですが、
意外とコーディネートが難しいのです。

よくやりがちなのが下にもデニム素材。
つまり上下でデニムを合わせて着る方。

これはさすがにダサいと思われます^^;
そこでおすすめなのがカーゴパンツ

 

 

 

 

プロの販売員の意見

  • デニムジャケットの無骨な印象を最大限に活かせるのがカーゴパンツです。しかし太目のパンツを選んでしまうと野暮ったさが強くなってしまうので細めのカーゴパンツ選ぶのが良いでしょう。

 

色や素材について

  • 色はカーキを選べばまず問題ありません。少し上品さを与えたいのであればブラックを選んでいただくのがオススメです。
  • 素材もストレッチ素材のものも多くスリムなタイプを選んでも履きやすいので是非スリムなものを選んで綺麗目にカーゴパンツを履きこなしてみてください。

 

 

 

スポンサードリンク

レザージャケットに合うパンツや色について

 

 

 

先ほどは、デニムにデニムは合わない。
と紹介しましたがレザーには合います

レザーはスタイリッシュな印象ですが、
反面、重い印象も同時に受けるのです。

そんな重い印象を軽くしてくれるのが、
定番アイテムのデニムパンツなのです。

 

 

 

 

プロの販売員の意見

  • ベーシックアイテムの王道「デニムパンツ」です。レザージャケットは少し上半身に厚みの出やすいものが多いのでパンツはタイトなデニムパンツを履くのがオススメです。
  • レザーの色にとらわれることなく履けるので非常に合わせやすいのではないでしょうか。

 

色や素材について

  • レザージャケットの色に関係なく履きやすいパンツになりますが、その中でも使いまわしもしやすい、ベーシックなインディゴブルーをオススメします。
  • ジャケット、インナー、靴どんなものにでも喧嘩することなく合わせやすいので必ず押さえたい一本です。

 

テーラードジャケットに合うパンツや色について

 

 

 

ビジネスシーンでも着れるテーラード

テーラードに重い印象は受けませんが、
普段着なら遊び心を入れてみて下さい。

それを可能にするのが、タックパンツ
年齢関係なく合わせやすいと思います。

 

 

 

 

プロの販売員の意見

  • カッチリしたテーラードジャケットにはタックパンツがオススメです。タックが入っていることで上品な印象になるのでカッチリしたイメージを最大限に活かせます。
  • フルレングスのタックパンツを選んでしまうとビジネスシーンと変化がでないので、アンクル丈のワイドシルエットのものを選んでいただけるとトラッドを少し着崩した流行のスタイルになります。

 

色や素材について

  • まず買うならグレー。二本目はベージュ。をオススメします。この二本はジャケットの色にも幅広く対応でき、持っていて間違いのないカラーです。
  • 素材は春夏は綿、秋冬は綿×ウール、ウール100%のものと季節の変化に合わせて素材を変えるのも粋だと思います。

 

ジャケットに合わないパンツや色は?

 

  • プロの販売員の意見
    • 私が以前見かけて非常に残念に感じたのが、ジャケットにサルエルパンツの組み合わせです。
    • せっかく綺麗な印象の出るジャケットがサルエルのだぼっとしたシルエットで台無しになっていると感じました。

 

  • 色や素材について
    • 色という点でいくとイタリアの伊達男などが着ていたりすると、非常に格好良いカラーパンツ。ですが、色の主張が強いためハイセンスな着こなしが必要になります。素人は手を出さないのが無難。

 

モテない男性がやってしまうファッション

 

パンツの色や素材の組み合わせが重要

振り返ると、上記に触れてきましたが、
更に大切なのが、パンツの丈なのです。

モテない男性はそこまでの意識がなく、
無意識にダサい着こなしをしています。

長すぎても短すぎてもダサくなるので、
お店で丈を調整してもらって下さいね。

最後のまとめ

 

ジャケットに合うパンツ選びをすれば、
お洒落な雰囲気を作ることができます。

しかし、色や素材がチグハグになると、
とてもダサいファッションになります。

女性にモテないモテにくいという方は、
知らず知らずダサい恰好をするのです。

 

ファッションに自信が無いという人は、
お店の方に相談するのが簡単で楽です。

わざわざお店でパンツを買わなくても、
お持ちのパンツで合わせてみましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク