Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
花火大会まとめ

ハーベストの丘花火大会2018の穴場や時間は?混雑や屋台も調査!

 

スポンサードリンク

 

大阪で行われる花火大会についてですが、
ハーベストの丘花火大会をご存知ですか?

正式名はハーベストの丘 花火イベント

一見すると、牧場テーマパークのようで、
実は大阪府堺市南区にある農業公園です。

 

そんなハーベストの丘花火大会の日程は?
駐車場や観覧の穴場も調査してみました。

そして、交通規制といった混雑や渋滞は?
場所取りの時間や必須アイテムもご紹介!

 

ハーベストの丘花火大会の日程について

 

日程 2018年8月12日(日)、8月14日(火)
雨天・荒天時 雨天:軽い風雨なら決行
荒天:翌日に順廷
打ち上げ時間 19:40~20:30
打ち上げ場所 堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1 ハーベストの丘 野外ステージ
駐車台数 合計1800台
駐車料金 無料(入園料のみ)
打ち上げ本数 約2000発
最大打ち上げ 4号玉
来場者数 約1万人
問い合わせ ハーベストの丘
電話番号 072-296-9911

 

気になる日程ですが、例年通りなら、
2018年8月12日(日)、14日(火)に実施。

まだ公式でも予定はでていませんが、
ハーベストの丘に直接確認しました。

雨も小雨程度なら実施するそうです。
荒天時のみ翌日に順廷なので注意!!

ハーベストの丘花火大会の打ち上げ場所について

 

 

花火の打ち上げ場所は大阪府堺市の、
ハーベストの丘という場所で行います。

ハーベストの丘は、季節ごとに楽しめ、
冬なら、クリスマスイルミネーション。

イチゴの時期にはいちご狩りもあり、
子供~大人まで楽しめる場所なのです。

 

夏には、今回紹介する花火大会があり、
大きなイベントの一つでもあります。

このハーベストの丘花火大会ですが、
車で行く方は覚悟をしてくださいね^^;

 

例年、車の渋滞がとんでもなく凄い!

なので、そのことを知っている方は、
電車といった公共機関を使うのです。

 

 

泉北高速鉄道泉ヶ丘駅で降りて頂くと、
ハーベストの丘行きのバスがあります。

約15分ほどバスに乗ると到着します。

歩くと1時間以上かかってしまうので、
間違っても歩かないほうが賢明ですw

ハーベストの丘花火大会の混雑について

 

ハーベストの丘花火大会の日程ですが、
2回に渡っての開催となっています。

その為、来場する多くの方は・・、

初日より、2日目の方が空いてる?

と思う方もいるかもしれませんが、

8月12日〜15日がお盆休み期間のため、
2日目の14日も見事に混んでいます^^;

 

どちらの日程で参加したとしても、
会場の混雑は避けられらないのです。。

14日のお盆最終日近くのほうが、
まだ空いている可能性があるかも(^^)/

ハーベストの丘花火大会の駐車場について

 

ハーベストは第1・2駐車場があります。

合計1800台の駐車スペースがあるも、
約1万人の来場者なので足りません ^^;

午前中の来場を強くおすすめします!!

 

次に気になるのが駐車料金ですが、
基本、駐車自体は無料なのでご安心をw

その代わりとして入園料はかかります。

 

  • 大人:900円
  • 中〜大学生:600円
  • 小人(4歳以上):500円
  • 幼児(3歳以下):無料
  • 障がい者(中学生以上):400円
  • 障がい者(4歳以上):200円
  • 障がい者の介添え:400円

 

駐車する場所によってなのですが、

帰りの際は駐車場から出るまでに、
3時間以上かかるという話も聞きます。

 

お客様を大切にするハーベストの丘は、
あるサプライズを行ってくれるのです。

それが、ヤギを園内に開放するのです。

 

訪れたお客様が、ヤギと触れ合える為、
小学生の子供には大人気のようです(^^)/

他にも、お土産ショップが開いており、
時間潰しに、買い物もできるそうです。

 

第2駐車場からでも花火は見えるので、

駐車場から花火をある程度見てから、
そのまま帰れば、渋滞を回避できます!

辛い渋滞も、良い思い出にはなるので、
それすらも堪能できたら楽しいかも(笑)

 

スポンサードリンク

ハーベストの丘花火大会の交通規制について

 

園内なので交通規制は特にありません

交通規制はありませんが、
それすらも関係ないのが渋滞なのです。

 

先ほどと内容が重複してしまいますが、
早めに来場し、早めに会場を後にする。

これが一番の渋滞回避となりそうです。

ハーベストの丘花火大会の有料席について

 

ココがポイント!他の花火大会と違い、
ハーベストの丘に有料席はありません

ということは、早い者勝ちです( *´艸`)

 

お昼前に場所取りを行ってしまえば、
無料で良い席を取れる可能性があります♪

家族の場合、お父さんの頑張り次第で、
父の威厳を見せる絶好のチャンスかも(笑)

ハーベストの丘花火大会の穴場について

 

打ち上げ場所が、山奥での発射なので、
会場以外での観覧では木が邪魔をします。

綺麗に見えない可能性が高いかも(;´Д`)

先ほど紹介した第2駐車場で見るのも、
意外な穴場スポットなのかもしれません。

 

しかし、第2駐車場の場所には、
自動販売機やトイレが全くありません

そういったデメリットを理解した上で、
観覧するというのが、一番大切かも ^^;

 

他には、観覧車の高さを利用して、
花火を観るというのも、おすすめです!

乗る為に並ぶという苦労はありますが、
それすらも良い思い出にはなりますよ♪

 

観覧車に乗って、花火をバックに・・。
男性が大切な女性にプロポーズ!!

というのもロマンがあるかも( *´艸`)♡

ハーベストの丘花火大会の場所取りについて

 

打ち上げ場所について詳細を書くと、

園内の【村エリア ボート池付近】で、
花火の打ち上げを行うそうです。

ただし、実際にご観覧いただけるのは
街エリアからのみの観覧だそうです。

村エリア】は危険区域となる為、
18時で封鎖してしまうので注意が必要!

↑ 担当者に直接確認させて頂きました。

 

場所取りの適した時間は午前中です。

えっ!?お昼からじゃダメなの?

そう思う方もいるかもしれませんが、
14時の時点で、会場は混んでいます。

 

 

そういった理由から、行くならお昼前。
理想的なのは、午前中には会場入り!

仮に、早く着き過ぎたとしても、
時間を潰せる場所は意外とありますよ。

早く行っても退屈はしないと思います。

 

ちなみに、場所取りをする為に必要な、
レジャーシートは忘れないでください。

テントを用意する強者がいるのですが、
日差しを避ける為の必須アイテムです!

 

 

夏の日差しはバカにできませんよ!

熱中症にかかる可能性があるため、
こういったテントは役に立ちます。

しかもビックリするほど安いですw

ハーベストの丘花火大会の屋台

 

当然、祭りに欠かせない屋台があり、
そこでご飯を食べることができます。

しかし、ハーベストの丘の館内には、
美味しい×2 レストランがあります。

そこで食事をするのもいいですね(^^)/

 

• 食べ放題のバーベキューレストラン
• ヘルシーなメニュー豊富なバイキングレストラン
• チーズ工房で作ったチーズケーキが美味しいカフェ

 

どうでしょう?想像しただけでも、
何故か、お腹がすいてきますね・・。

ここでしか食べられない食事なので、
屋台との食べ比べも楽しそうですね♪

最後のまとめ

 

ハーベストの丘の花火についてですが、
短時間で2000発の花火を打ち上げます。

その光景に圧倒されるかもしれません。

 

また、動物とのふれあいや食事など、

普通の花火大会では体験できないような、
不思議な体験がハーベストにはあります。

参加すれば満足することに間違いなし!
是非とも、お越しくださいませ(*´▽`*)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク