Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
花火大会まとめ

猪名川花火大会2018の穴場や駐車場は?最寄り駅や屋台も調査!

 

大阪府池田市で行われる花火大会。
猪名川花火大会をご紹介していきます!

開催場所が2ヵ所同時という花火で、
場所が大阪府池田市兵庫県川西市です。

猪名川河川敷で行われる花火大会の、
魅力を地元に代わって、ご紹介します。

 

猪名川花火大会の観覧の穴場駐車場は?
有料席チケット情報、場所取りも紹介!

車で行く方は、交通規制の範囲や時間。
渋滞混雑も合わせて調べてみました。

屋台などの情報も紹介致します( *´艸`)

 

猪名川花火大会の日程について

 

日程 2018年8月18日(土)
雨天・荒天時 雨天:決行
荒天:中止
打ち上げ時間 19:20~20:20(多少前後する可能性あり)
打ち上げ場所 兵庫県川西市・大阪府池田市猪名川岸
駐車台数 無し
駐車料金 無し
打ち上げ本数 約4000発
最大打ち上げ 不明
来場者数 約11万6000人(前年度)
問い合わせ 川西市文化・観光・スポーツ課
電話番号 072-740-1161

 

例年通りなら2018年8月18日に開催!!

雨天時の注意としては、雨天は決行で、
荒天時翌日翌日も荒天なら中止です。

天候で判断が付きにくいと思ったら、
電話で問い合わせをしたほうが無難です。

 

猪名川花火大会の打ち上げ場所について

 

 

猪名川花火大会の打ち上げ場所ですが、
大会こそ猪名川で行われるものの・・。

会場は2ヵ所で行われるので注意です^^;

  1. 池田会場(大阪府池田市桃園1丁目・2丁目付近)
  2. 川西会場(兵庫県川西市小花2丁目・下加茂1丁目付近)

 

上記の2ヵ所に会場が分かれています。
なので第1・2という区分けになります。

通常通り会場で観覧するにしても、
第2会場の方が個人的にはおすすめです。

理由は穴場の中でお話しますね( *´艸`)

 

猪名川花火大会の駐車場について

 

大会の当日、臨時駐車場といった、
観覧者用の駐車場は用意されせん^^;

ということで、電車やバスなどの、
公共交通機関での来場がおすすめ!

 

車でお越しの方は交通規制もあり、
直接行くのは止めたほうがいいです。

会場の第1近くの駅前に車を止めて、
電車で来場するのがオススメです(^^)

 

公式でも電車での来場を勧めており、
当サイトも電車をおすすめします。

ですが、車で行きたいと言う方は、
毎年必ずいらっしゃるから不思議 ^^;

下の地図は、会場周辺の駅を起点に、
最寄りの駐車場を探してみました ↓↓

 

阪急宝塚線池田駅 周辺の駐車場

 

川西能勢口駅 周辺の駐車場

 

川西池田駅 周辺の駐車場

 

実はもっと沢山の駐車場があるのですが、
検索の方式により表示に限界があります。

ということで、上記3ヵ所を含み、
更に駐車場を検索できるサイトがコチラ↓

タイムズ駐車場検索を利用してみる

当然、無料でなので安心してくださいw

 

他にも穴場の駐車場を探す方法あり!

1日500円~の駐車場を探せるサイト↓

 

 

最寄り駅』を入力して頂くだけで、

格安で穴場の駐車場が予約できます。
大型駐車場よりも、かなりお得(笑)

1時間60円~とかもザラにあります。
500円~というのは、1日価格ですよ。

※安い理由は個人駐車場の利用の為。

 

猪名川花火大会の交通規制について

 

 

第1・2会場周辺では、18~22時頃まで、
大規模な交通規制が行われる予定です。

なお、川西市側の堤防道路の一部では、
16時30分~片側交通規制が行われます。

イベント開始時刻に近づくと混雑する為、
早めの来場を心掛けるようにして下さい。

 

交通規制の詳細MAPはコチラをどうぞ ↓

⇒ 猪名川花火大会 交通規制MAP

29年度のモノですが30年度も同じです。

 

猪名川花火大会の有料席について

 

猪名川花火大会有料席はありません
なので場所取りは基本早い者勝ちです。

いかに、眺めの良い場所を早く獲るか。

場所取りは当日の16時30分からなので、
男性は、気合いを入れて望みましょうw

 

余談ですが、川西第2会場の一部のみは、
当日の朝から場所取りができます(*’▽’)

そういった面でも第2会場はおすすめ!

 

猪名川花火大会の穴場について

 

第2会場がおすすめという理由ですが、

第2は打ち上げ場所から離れています。
その為、観覧する人が意外と少ない!!

 

目の前で花火の迫力を体感できるため、
会場で観るのが一番理想だと思います。

しかし、第2会場のデメリットは一つ。

駅から遠いので、人の混雑や渋滞など、
帰宅時の時間がまったく読めません^^;

 

とにかく人の混雑に耐えられない!!

そんな方の穴場は別にご紹介しますね。

 

五月山秀望台

 

 

 

  • 打ち上げ会場から少し離れてしまいますが、夜景と花火を同時に楽しむことができます。
    近くに動物園があるのでイベントが始まるまで周辺で時間を潰すことも可能です!

 

動画もあったので、ご覧くださいませ。

 

 

猪名川運動公園周辺

 

  • 人混みが少なく、花火をゆっくりと楽しむことができます。

 

 

伊丹スカイパークでも観れますが、
距離がある為、小さな花火になります^^

有料席がないので、会場で花火を観る!
これが一番迫力があるのでオススメ!!

 

猪名川花火大会の屋台について

 

 

猪名川花火大会の屋台数はとても多く、
毎年300を超える屋台が出店されます。

これだけ多くの屋台が出店するので、
花火大会を盛り上げること間違いなし!

 

屋台は池田会場や川西会場にも出店し、
定番の屋台が、多く軒を連ねています。

定番の焼きそばやお好み焼きが並び、
ご当地のメニューも出てくるはずです。

色々と歩き回って探してみて下さいね。

 

最後のまとめ

 

 

1948年~毎年開催の猪名川花火大会

伝統と歴史を現代に紡いできた、
格式ある大阪の花火大会なのです( ゚Д゚)

 

地元の愛に支えられてきたわけですが、
他県や海外の方々にも知ってほしい。

そんな願いも込められている大会です。

 

是非、家族や恋人といった大切な方と、
猪名川花火大会の花火を観ましょう(^^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。