Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
花火大会まとめ

板橋花火大会2018の有料席(チケット)や穴場は?屋台や混雑も調査!

 

スポンサードリンク

 

荒川を挟んで、同時開催する花火大会。
今回はいたばし花火大会を特集します♪

戸田橋花火大会は別記事を参照下さい。

板橋花火大会の魅力はなんといっても、
天空のナイアガラ、そしてポケモン花火!

子供から大人まで楽しめる花火なのです。

 

板橋側から特集しますが、穴場はどこ?

2018年の有料席チケット情報について。
購入先や購入方法も合わせて調べました。

無料の場所の場所取りや、周辺の宿泊先
食を楽しむ方には、屋台もご紹介します♪

 

戸田橋花火大会の記事はコチラです ↓

あわせて読みたい
戸田橋花火大会2018の有料席や穴場は?場所取りや屋台も調査! 今年で第65回を迎える戸田橋花火大会。 同日に開催するいたばし花火大会など、 2つの花火を同時に観れるのも魅力で...

いたばし花火大会の日程について

 

日程 2018年8月4日(土)
雨天・荒天時 雨天:小雨決行
荒天:荒天の場合は翌日。翌日も荒天の場合は中止
打ち上げ時間 19:00~20:30
打ち上げ場所 東京都板橋区舟渡 荒川河川敷
駐車台数 無し
駐車料金 無し
打ち上げ本数 約6000発(戸田橋花火大会と合わせて約1万2000発)
最大打ち上げ 15号玉
来場者数 約52万人(前年度)
問い合わせ 板橋区観光協会(板橋区くらしと観光課内)
電話番号 03-3579-2255

 

いたばし花火大会の日程については、
2018年8月4日という発表がありました。

雨天決行荒天時翌日に順廷します。
翌日も荒天の場合翌々日に変更します。

対岸で開催する戸田橋花火大会も同予定。

いたばし花火大会の打ち上げ場所について

 

 

埼玉県と東京都の県境で行われます。

都心からもアクセスの利便性も良く、
交通に関しては不満がないと思います。

いたばし花火大会のアクセスについて

 

場所が場所なだけに、車で行くのは無謀。

後ほど、周辺の駐車場もご紹介しますが、
基本的には、電車での来場を推奨します。

最後に、穴場の駅も紹介しています(^^)/

 

浮間舟渡駅

 

会場までは徒歩30分ほどで到着します。

 


島平駅

 

会場までは徒歩25分ほどで到着します。

会場からも近いので、かなり混みます。

 


西台駅

 

会場までは徒歩20分ほどで到着します。

会場からも近いので、かなり混みます。

 


蓮根駅

 

会場までは徒歩30分ほどで到着します。

 


新高島平駅

 

会場までは徒歩35分ほどで到着します。

この駅が地元民が語る穴場の駅になります。

 

西台駅や高島平駅はどちらも混みますが、
新高島平駅は当日も比較的空いています。

遠方から来る方は、事前に切符を買うこと。
これだけで、よりスムーズに帰れますよ♪

いたばし花火大会の交通規制について

 

 

交通規制の時間帯は17時~21時45分
規制の範囲は、会場周辺の区間のみ。

上の画像を見ても分かりにくい方は ↓

⇒ いたばし花火大会 交通規制MAP

 

歩行者専用道路、車両侵入禁止エリア、
駐輪場なども分かりやすく載ってます。

有料席と一般席も載ってるので便利!

いたばし花火大会の駐車場について

 

打ち上げ場所周辺の駐車場に停めると、
確実に大渋滞にハマってしまいます。

そのため、少し範囲を広げてみました。

 

 

板橋区周辺にしたので、広範囲です。

しかし、これは極一部の表示なので、
更に沢山の駐車場を見る時はコチラ ↓

タイムズで駐車場を探してみる

 

駐車できる台数は少ないものの、
格安の駐車場や24H対応も探せます。

駅から近い駐車場が穴場かもですね。

 

他にも穴場の駐車場を探す方法あり!

1日500円~の駐車場を探せるサイト↓

 

 

最寄り駅』を入力して頂くだけで、

格安で穴場の駐車場が予約できます。
大型駐車場よりも、かなりお得(笑)

1時間60円~とかもザラにあります。
500円~というのは、1日価格ですよ。

※安い理由は個人駐車場の利用の為。

いたばし花火大会の有料席について

 

席種 価格 販売
陸上競技場
テーブル付き席
28,000円 1組まで
陸上競技場
イス席
3,600円 8枚まで
陸上競技場
グループ席
28,800円 1組まで
S席 3100円 8枚まで
グループS席 24,800円 1組まで
A席 2,600円 8枚まで
グループA席 20,800円 1組まで
芝生斜面
グループ席
20,800円 1組まで
プライムシート 5,000円 8枚まで
ボックス 席 10,400円 2組まで
B 席 2,100円 8枚まで

 

2017年の料金を参考に作成しました。
ですが、2018年も同じ料金設定です。

 

スポンサードリンク

 

チケットの購入方法一覧

1. 直接購入

  • 以下のコンビニ、チケットぴあの店とも、全国のどこの店舗でも購入できます。
  • 購入期間、購入場所に関わらず、板橋区民に限らずどなたでもご購入いただけます。

1. セブンイレブン(24時間受付)
2. サークルKサンクス(5時30分~26時)
3. チケットぴあ各店舗(各店舗営業時間)
4. 板橋区観光協会窓口※板橋区情報処理センター6階(平日のみ・9時~17時)
※販売初日はいずれも発売開始が午前10時となりますのでご注意ください。

※システム臨時メンテナンスのため受付不可の時間があります。

・6/23(土) 0:00AM ~ 8:00AM
(予備日の為実施しない場合があります)

2. 電話予約

「いたばし花火大会」専用受付電話番号

0570-02-9547

(24時間)

※予約後、3日以内にチケット引き換えのない場合はキャンセルとなります。

※引き換えは全国のセブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあの店にて。

※ご予約の際にはPコード(635-476)が必要となります。

※販売初日は受付開始が午前10時となりますのでご注意ください。

※システム臨時メンテナンスのため受付不可の時間があります。

・6/23(土) 0:00AM ~ 8:00AM
(予備日の為実施しない場合があります)

3. インターネット購入

チケットぴあ(24時間)

http://w.pia.jp/t/itabashihanabi/

638-866

 

席の見取り図と配置図はコチラです ↓

⇒ いたばし花火大会 会場MAP

 

トイレの場所も載っていますので、
当日に困らなくても済むと思います。

有料席から観た花火の様子も気になり、
動画を探したところ・・ありましたw

 

 

1時間を超える長編の動画なので、
1分程見たら、離脱して下さいね(笑)

いたばし花火大会の場所取りについて

 

有料席に関しては、時間を気にせず、
のんびり来て頂いてもいいと思います。

しかし、一般席の場合は異なります。

極一部は無料席として開放するも、
激戦区の場所で、早い者勝ちなのです。

 

先ほど、交通規制に画像を載せました。
それで一般席の場所を確認が可能です。

いたばし花火大会の穴場について

 

有料席でお金を払ってまで観たくない!
渋滞や混雑に巻き込まれるのは絶対嫌!

そんな方におすすめする穴場がコチラ ↓

 

イオン板橋店

 

コジマNEW高島平店

 

とうきゅう 高島平

 

サンシティ

 

上記の建物屋上から花火を観覧する。

イオンなどは、少し距離があるので、
多少迫力は欠けるかもしれません。

しかし、トイレも完備しているので、
会場のトイレほど混雑もしていません。

 

花火終了後の渋滞や混雑が物凄いので、
電車に乗るのに1時間はかかる。

そういった声まで聞こえるほどです^^;

いたばし花火大会の屋台について

 

画像引用元:https://jinchan2016.net

 

正確な屋台の数は不明なのですが、
とんでもない数が出店するとだけ報告。

板橋側だけでも、52万人が訪れるので、
屋台も待ち時間や行列で相当並びます。

 

アルコール類は数が少ないらしいので、
飲む方は駅周辺で買うことを勧めます。

飲み終わった空き缶や空きビンなどの。
ごみの持ち帰りは、各自お願いします。

いたばし花火大会のホテルについて

 

板橋の花火大会なので、場所は都内。

ということで、周辺にはホテルなどの、
その日泊まれる宿泊先が沢山あります。

 

全てを紹介すると時間がかかります^^;

なので、ホテルに特化したサイトを、
皆さんにご紹介したいと思います。

 

板橋周辺のホテルはコチラ ↓

 

 

正直、上記サイトで見つからなければ、
宿泊できるホテルは無いのでは??

というほど宿泊に特化したサイトです。

比較的安く泊まれるということもあり、
どちらも人気なので、ご利用下さい ♪

最後のまとめ

 

 

華麗に夏の夜を飾るいたばし花火大会。

今年で59回を迎えるということで、
歴史があり、伝統の花火大会なのです。

 

総延長700mという大ナイアガラの滝は、
見る者を圧倒する素晴らしさなのです。

渋滞や混雑は確実に巻き込まれますが、
それに見合う迫力で、後悔はしません!

是非とも、家族や恋人・友達を連れて、
いたばし花火大会にお越しくださいませ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。