関門海峡花火大会2018の日程や下関の穴場は?ホテルや有料席も紹介!

 

スポンサードリンク


福岡県北九州市の名物といえばコレ ↓

関門海峡花火大会で間違いなし!!

2018年の開催予定は8月13日ですが、
雨の日の日程はどうなるのでしょうか?

 

駐車場や交通渋滞や規制の時間帯は??
下関の穴場や有料席も調べてみました。

会場のホテル情報も合わせて紹介です♪

関門海峡花火大会の日程や雨天時は?

 

日程2018年8月13日(月)
雨天時2018年8月13日(月)
打ち上げ時間19:50~20:40
打ち上げ場所・門司会場
・下関会場
駐車台数駐車場により異なる
駐車料金駐車場により異なる
打ち上げ本数15,000発(両会場合わせて)
最大打ち上げ20号玉
来場者数約110万人(両会場合わせて)
問い合わせ関門海峡花火大会実行委員会門司
電話番号093-331-8781

 

冒頭でも書きましたが、
例年通り2018年8月13日に開催されます。

19時50分から打ち上げを開始します。
打ち上げ終了の予定時刻は20時40分です。

 

雨天でも決行しますが、荒天中止です。

翌日や日程を変更・・は無さそう(;´Д`)

門司会場の打ち上げ場所は?

 

住所は福岡県北九州市門司区西海岸1-3-4

地図に表示されているのが打ち上げ場所。
分かりにくい時は、縮小してみて下さい。

 

 

その他のオプションをクリックすると、
グーグルマップが表示されます。

出発場所の地図を入力して頂くと、
目的地までの距離や時間が分かります。

下関会場の打ち上げ場所はコチラ

 

下関駅から歩いて15~20分の場所に、
下関の打ち上げ場所があります。

わかりずらい時は、縮小して下さい。

門司会場のおすすめ駐車場

 

まずは門司会場周辺なのですが、
花火の打ち上げ場所から目と鼻の先に、

門司港レトロ西海岸有料駐車場があり、
24時間500円という安い?料金でした。

 

 

画像を見ると分かると思いますが、
沢山の台数は駐車できません(*´Д`)

朝早くに来れば、停められるのですが、
個人的にはおすすめしません。

理由としては、動けなくなるからです。

 

というのも、会場周辺の渋滞が最悪で、
車で来ようものなら、帰れない事態に。

数十メートル進むのに2時間掛かる

そのように嘆く方もいたほどです^^;

 

他にもあるオススメの駐車場

 

会場周辺の駐車場に直接停めるのは、
個人的にはおすすめしません。

ですが、離れた場所に駐車をして、
電車で移動するならアリだと思います。

 

小倉駅周辺の駐車場がコチラです ↓

住所:福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-3
収容台数:912台
営業時間:24時間営業
料金:30分毎150円
2時間30分以上24時間以内¥800

 

エキマエパーク 駐車場

住所:福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-13
収容台数:21台
営業時間:24時間営業
料金:30分毎200円

 

リバーウォーク北九州

住所:福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1
収容台数:950台
営業時間:24時間営業
料金:30分毎150円

 

下関のおすすめ駐車場

 

下関会場の周辺も、渋滞が物凄い^^;

当日は臨時駐車場も設置されないので、
門司会場同様に、離れた場所に駐車!

 

下関会場周辺の駐車場がコチラです ↓

市営赤間町駐車場

住所:山口県下関市赤間町7-35
収容台数:300台
営業時間:24時間営業
料金:最初の1時間 100円
以降20分ごと 100円
12時間まで最大料金 600円

 

シーモール下関駐車場

住所:山口県下関市竹崎町4-4-7
収容台数:1600台
営業時間:7時〜23時
料金:30分100円(19時〜23時は30分50円)
1泊の場合1,000円

電車移動時の注意点

 

両会場近くには、駅がそれぞれあります。

しかし、渋滞に巻き込まれる確率が高く、
抜け出すのに、数時間もかかるはずです。

 

当日は、臨時列車が運行する予定なので、
普段よりもダイヤの本数が多いようです。

それでも、渋滞を解消するには足りない。

ということで、早めに会場を後にするか、
ゆっくり帰るのが望ましいかもしれません。

 

といっても、電車の時刻表がないと、
帰宅の時間の予定を立てるのが難しい!

ということで、こちらのサイトを用意 ↓

電車の時刻表が知りたい

目的地と出発地を入力して頂いたら、
目安の時間を選んで検索をするだけです。

今回に限らず、いつでも使えるサイト♪

 

スポンサードリンク


交通規制や有料席の場所

 

まずは門司会場から紹介しますね。

 

 

とっても分かりにくいですよね(笑)

この地図から、交通規制区域の範囲や、
有料席トイレの場所が分かります。

広範囲なので、どうしても拡大が困難。
なので、PDFをご用意してみました。

 

PDFで見れるのは、このサイトだけw

門司会場の周辺地図(PDF)

自在に拡大やダウンロードもできます。

 


続いて下関会場の周辺地図です。

 

 

門司会場と違ってシンプルですよねw

各有料席の場所が分かると思いますが、
価格も、門司会場よりも比較的安い!

16時から車両の交通規制が始まります。

 

当日は、公式HPがパンクするので、
接続が困難になる可能性があります。

当サイトをご利用してみてくださいね♪

有料席について

 

有料席の価格よってランクが異なります。

 

  • 特別協賛席(S)・・1口15,000円
  • 特別協賛席・・1口12,000円
  • 協賛イス席・・1人3,500円
  • 環境整備協力席・・1人1,000円

 

特別協賛席(S)について

 

 

畳2枚分程度の広さを5人まで座れます。
桟敷席ともいわれている予約席です。

当日にチケットの購入はできないので、
お求めはネットでの事前購入が必要です。

 

チケットの購入先はコチラです ↓

特別協賛席のチケット購入先

 

受け付けは6月1日9:00よりとあるため、
なるべく早く購入しないと買えません。

販売と同時に売れてしまう可能性も^^;

 

特別協賛席について

 

特別協賛席(S)と同様で、予約席です。

2016年まではこちらが最上級の席です。
しかし、2017年以降はSの次の席^^;

価格は12000円ですが前後の違いだけ。

畳2枚分の広さで、5人まで座れます。
内容もほぼ同じなので、オススメです♪

 

チケットも先ほどのサイトで買えます。
販売時期も同じなので、

S席が買えない場合は狙ってみて下さい。

 

注意)特別席といっても椅子は不可です。
座布団クッション持ち込み可能です。

他のお客さんに迷惑が掛からないように、
マナーは是非とも守ってくださいませ。

 

協賛イス席について

 

協賛イス席は指定席ではありませんが、
ネットでの事前購入は可能です。

通常は3,500円なのですが、
7月21日までに購入で早期割り3,000円

500円の割引でチケットを購入できます。
チケットの購入先も先ほどと同じです。

 

この席についての注意点は1点のみです。
それは、予約席ではないということ。

つまり、席の場所は早い者勝ちなのです。

 

あくまでもソコに座る権利を得ただけで、
いい場所に座る為には、早く来ること!

遅く来ると、良席の確保が難しいのです。

 

環境整備協力席について

 

 

こちらは当日券のみの販売になります。

会場で花火を見るための入場券?
と思って頂けると分かりやすいかも(;´Д`)

1口1000円ではなく、1人1000円なので、
そこだけ注意してくださいね。

花火大会当日の屋台について

 

数多くの屋台が立ち並ぶことになります。

言葉では分かりにくいので、動画で確認。
ちなみに、安倍首相が登場します( *´艸`)

 

 

屋台も凄いし、人だかりも凄い!!
何より、安倍首相が超至近距離w

安倍昭恵さんも一緒に来ていました。
いまでは、窮地に立つお二人ですが^^;

地元民だけが知る穴場の場所は?

 

花火は目の前で観るからこそ良い!

おっしゃる通りだと思います。ですが、
少し離れた場所から見る花火もまら綺麗。

地元民だからこそ知る穴場があるのです。

 

ノーフォーク広場

左には門司港側から打ち上がる花火、
右には下関側から打ち上がる花火が、

両方同時に花火を観れる場所なのです。

 

海響館

 

前面ガラス張りで冷房完備のトイレ付。

音による迫力は欠けてしまうのですが、
整った設備という点では高評価ですね。

 

入館料は大人2000円、小中学生900円。
高いとみるか、安いとみるかです^^;

水族館も楽しんだ後に、花火も観る!
そう考えると破格のお値段かも( *´艸`)

ちなみにトイレだけは当日無料です。

 

巌流島

宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った場所。

決戦の地であり、離れ小島ですが、
実は、関門海峡花火大会の超穴場!!

 

 

巌流島には、定期船が出ております。

8月13日には特別ダイヤが組まれており、
大人800円、子供400円なので超お手頃♪

連絡船の詳細を知りたい方はコチラ

関門海峡花火大会周辺のホテルについて

 

遠方から来た方は、ヘトヘトのはずw

花火を見た後に、大渋滞の中を帰る?
それを想像しただけで疲れますよね^^;

そういった方におすすめしたいのが、
関門海峡花火大会周辺のホテルです。

 

格安で泊まれてTポイントも貯まる♪
そんなお得なホテルが検索できます ↓


 

試しに検索したところ、空きがちらほら。
9800円~泊まれるホテルもありました。

場所は下関なので、会場からも近いです♪

よかったらご利用してみてくださいね(^^)

最後のまとめ

 

 

関門海峡花火大会は、日本の花火大会で、
2番目の観客数を誇る大人気花火大会です。

地元のバス運転手の言葉が忘れられない。

それは「車では絶対に来てはいけない
怪談話のような言い方が気になりますw

 

本当に渋滞がとんでもないのです(;´Д`)
全然動かないし、歩くのも大変なのです。

トイレ待ちの人も、大行列になるほど。

渋滞に巻き込まれた車の人の中で、
ガス欠になる車も、毎年あるそうです。

それほど、動かなということですね^^;

 

最低でも電車で移動するのが正解です。
宿泊できるなら、それが大正解ですw

翌日の疲れを考えただけでゾットする。
家族の長であるお父さんは大変ですね。

子供は、疲れ知らずかもしれませんがw

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク


コメントを残す