常総きぬ川花火大会2018の駐車場や穴場は?場所取りや屋台も調査!

 

スポンサードリンク


茨城県常総市で行われるの花火大会。
常総きぬ川花火大会をご紹介します!

5号玉70連発を30秒間打ち上げるなど、
オープニングから圧巻の花火なのです。

 

そんな常総きぬ川花火大会の日程は?
観覧の穴場駐車場のおすすめは?

打ち上げ場所有料席も調べました。

そして食にこだわる方には屋台情報、
帰りの渋滞混雑ホテルも紹介!!

常総きぬ川花火大会の日程について

 

日程2018年8月11日(土)
雨天・荒天時雨天:翌日に順延
荒天:翌日に順延
打ち上げ時間18:45~20:40(多少前後する可能性あり)
打ち上げ場所茨城県常総市 鬼怒川河畔(橋本運動公園)
駐車台数3000台
駐車料金有料(1台 1,000 円)
打ち上げ本数約1万発
最大打ち上げ不明
来場者数約40万人
問い合わせ常総きぬ川花火大会実行委員会事務局
電話番号0297-23-2111

 

常総きぬ川花火大会の日程ですが、
毎年8月11日に行われているのです。

理由は祝日(山の日)だからです(笑)

雨天荒天時翌日に変更します。
ちなみに2018年の12日は日曜です。

常総きぬ川花火大会の打ち上げ場所について

 

 

茨城県常総市の鬼怒川河畔で開催します。

細かく言うと、橋本運動公園なのですが、
地図上で見ると、意外と範囲は広いです。

常総きぬ川花火大会のアクセスについて

 

まず、車で行く場合のアクセスですが、
高速を使うのが一番簡単だと思います。

 

谷和原ICからのアクセス方法です ↓

距離は6.8kmで、約19分で到着します。

道も一直線なので迷わないと思います。


車ではなく電車で行く方もいるはず!

しかし、電車で行く場合は、
駅から会場までの距離が問題かも ^^;

 

水海道駅からのアクセス方法です ↓

距離は1.9kmで、約23分で到着します。


北水海道駅からのアクセス方法です ↓

距離は1.3kmで、約16分で到着します。

 

車の渋滞に巻き込まれないのが利点で、
時間に関しても車よりも読みやすい!

車ではなく電車を利用するのであれば、
北水海道駅を利用するのがおすすめ

常総きぬ川花火大会の交通規制について

 

 

交通規制の区域は、会場周辺ですね。
時間17:00~21:30頃まで行われます。

緑で塗られた道が交通規制なのですが、
画像が小さくて見えないよ!という方。

その方は、下のPDFで確認して下さい。

 

⇒  常総きぬ川花火大会の交通規制

 

仮説トイレ12ヵ所も載っていますので、
当日、トイレを探さなくてもすみます!

↑ 画像上の赤がトイレの位置です。

常総きぬ川花火大会の駐車場について

 

上記の地図に駐車場が記されています。

会場周辺に無料駐車場3,000台を用意、
有料1台1,000円で用意されています。

上記の駐車場が満車になった時ですが、
駅周辺の駐車場しか場所がありません。

 

水海道駅周辺にある有料駐車について

  • 水海道宝町第1
    営業時間:24時間
    収容台数:43台
    料金:60分 / 100円/24h 最大500円

 

水海道駅の周辺にはカスミなどがあり、
そちらの駐車場を利用するのも手かも。

基本的に駐車場は無料で利用できます。
ただ、買い物などをするのがマナー^^;

 

北水海道駅の周辺には駐車場はなく、
あるとすれば、月極の駐車場だけです。

駐車には不向きの土地なのかも(*´Д`)

 

会場周辺の駐車場が満車になったら?

 

無料駐車場を3,000台用意したとしても、
16時頃には満車になってしまうのです。

そんな時はどうするのか?というと、
遠くの臨時駐車場に誘導されるのです^^;

 

 

きぬふれあい公園という場所ですが、
距離は2.2kmで、約27分で到着します。

水海道駅から歩くのと変わりません^^;

こういったことも含めて言いますが、
早めの行動って大切なんですよね(笑)

 

スポンサードリンク


常総きぬ川花火大会の有料席について

 

 

特別観覧席(有料席)の予約受付日は、
平成30年6月18日(月)から始まります。

6月17日(日)は ”常総市役所” で受付。

このような記載もありましたので、
直接窓口だと、前日に開始なのかも?

 

有料席の内訳について

  • プレミアムシート(定員2名)協賛金 12,000円 全210席

1.8m×0.45mテーブル、イス2脚、ドリンク・お菓子付き
専用駐車場有り(諏訪東駐車場内に確保いたします)と専用駐車場なしをお選び頂けます。
【指定席】※席番号の指定はできません。

  • マス席(定員5名)協賛金 11,000円(常総市民 9,000円)全1580マス

サイズ1.8m×1.8m 同サイズシート付き
【指定席】※ご希望の席番号を指定できます。

  • ペア席(定員2名)協賛金 5,000円 全120席

簡易ベンチ背もたれ付き(体重制限ー2名で150kgまで)
【指定席】※席番号の指定はできません。

  • イス席(定員1名)協賛金 3,000円 全600席

折畳みパイプ椅子
【指定席】※席番号の指定はできません。

 

予約する場合は常総市商工会です。

↑ 名前をクリックすると、飛べます。

 

予約をする前に確認をしたいのが、
自分が予約した席はどの辺なのか?

下の画像を見ると分かりますが、
席の配置がとても細かいのですね^^;

 

 

小さすぎて全然見えないよ!

 

というお叱りの声を頂きそうなので、
拡大ができるようPDFを準備しました。

⇒  特別観覧席設営図

 

↑ こちらをクリックすると拡大もでき、
そして、いつでも閲覧ができますよ(^^)

花火大会当日は公式HPも混むので、
接続が困難!という状況になるかも^^;

そんな時に、当サイトをご利用下さい。

常総きぬ川花火大会の場所取りについて

 

 

有料席以外は、無料席ということです。

多くの方は、土手にシートを敷きます。
そして、高い場所を確保するのです

↑ 花火がより観えるようにする為です。

 

有料席の場所は、特別ということで、
席の周辺に簡易的な柵を設置します。

土手の下に場所をとってしまうと、
その柵が邪魔で、花火が観えません。

一応は観えますが、邪魔なのです(笑)

 

 

ということで、場所を確保するなら、
14時には現地に訪れたほうが吉です。

あまりにも、来るのが遅くなると、
駐車場も停められず場所も取れない。

家族連れの方は気を付けてください。
お父さんの威厳が落ちてしまいますw

常総きぬ川花火大会の穴場について

 

常総きぬ川花火大会については、
会場から近くで観るのが理想的です。

理由としては、周辺に高い建物や、
おすすめのスポットが少ない為です。

それでも、おすすめを挙げるなら、

 

鬼怒川の土手や対岸の土手

 

青の枠有料席の場所という意味。

赤い線が、紹介する土手なのですが、
おすすめなのは対岸の土手ですね。

会場付近にはトイレもあり、
有料席も対岸のほうが少ないのです。

 

一色クリニック前の土手

 

会場からは少し離れてしまいますが、
人の混雑が少ないというのが魅力です。

車を駐車できる場所がありませんので、
違う場所に停めてから、ここに来ます。

常総きぬ川花火大会の屋台について

 

 

まず屋台の出店数についてですが、
例年通りなら、200店ほど出店します。

地元の名産もあるのかもしれませんが、

関西風のおおだこアルコール類など、
お父さんが喜びそうな物も多いですw

 

りんご飴お好み焼きなど、
定番も並んでおり、食事もできますね♪

花火の待ち時間に屋台で早めの晩御飯。
年に一度の屋台飯も楽しいかもです(^^)

常総きぬ川花火大会のホテルについて

 

遠方から来た方は、意外と疲れるはず。

他の花火大会よりは混雑も少ないので、
それほど疲れないという方もいるかも。

 

しかし宿泊をすることのメリットは、
帰りの渋滞を避けることが可能です!

この恩恵は意外と大きいと思います♪

ということで、水海道駅周辺にある、
割安のホテルを一覧で紹介しますね。

 

水海道駅周辺のホテル一覧

  • ホテルルートイン水海道駅前
    [おすすめポイント] 水海道駅より徒歩2分の立地
    [料金] 最安料金(目安)4,925円~
  • 野村屋旅館
    [おすすめポイント] 水海道駅から徒歩約1分!レジャーやビジネスの拠点としてぜひご利用下さい。食材の宝庫・茨城の味をご堪能いただけます!
    [料金] 最安料金(目安)3,100円~
  • 水海道第一ホテル
    [おすすめポイント] 水と緑あふれる自然都市、水海道。良好な環境の産業都市として注目され、TVドラマのロケ地としても有名。
    [料金] 最安料金(目安)4,050円~

 

他にも、上記以外のホテルは多数あり、
すべてを紹介すると時間がかかます(;O;)

なので、ホテル探しに特化したサイトを、
皆さんにご紹介したいと思います。

 

他にもある常総周辺のホテルはコチラ ↓

 

 

正直、上記サイトで見つからなければ、
宿泊できるホテルは無いのでは??

というほど宿泊に特化したサイトです。

比較的安く泊まれるということもあり、
どちらも人気なので、ご利用下さい ♪

最後のまとめ

 

 

幻想的な音楽と和の花火の化学変化。
そんな印象を受ける花火大会ですね。

1万発を打ち上げる常総花火大会は、
50年以上の歴史を持つ花火大会です。

 

伝統を重んじる花火職人達の職芸は、
感動すら覚える格式高い技の数々。

その曲芸を生で観ないと損です!!

茨城の良さを一人でも多くの方へ。
そして、知名度ランキングも上昇!

↑ 私の切なる願いなのでした( *´艸`)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク


コメントを残す