仙道敦子の現在と消えた理由は?旦那(夫)や子供の今を調査!

 

1980年にデビューし、
女優として華々しい活躍をされた仙道敦子さん。

数々の作品に出演しており、現在でいうと、
広瀬すずさんのような人気を誇っていました。

 

しかし、ある日を境に姿を見なくなり、
あれ消えた?芸能界を干されたのかな??

という謎の噂まで広がってしまうのでした。

そんな、仙道敦子さんの現在や近況を探り、
息子さんの活躍までをご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

仙道敦子の現在と消えた理由とは?

 

1980年にデビューし、
女優として芸能界の第一線を駆け抜けた日々。

しかし、1993年に俳優の緒形直人と結婚し、
芸能界から姿を消すのでした。

 

消えた?不祥事を起こし干されたの?

と心無い声も聞こえますが、
そんなことは一切ありません(*´▽`*)

 

戦場というか、女優でいう舞台が変わっただけ。

 

つまり、専業主婦として子育てや育児を専念。
姿を見なくなった理由はそれだけのようですね。

旦那様である緒形直人さんからすれば、
家を守ってもらえたほうが仕事に集中できます。

そして、子育てや育児に集中してもらえることで、
心置きなく、俳優としての躍進を狙えるのです。

 

なので「消えた」ではなく「育児に専念」が正解。

その証拠に、
事務所「研音」に現在も所属していました。

お子さんに手がかからなくなれば、
近い将来、女優復帰もあり得るかもですね( *´艸`)

旦那(夫)や子供の今を調査!

 

旦那様で夫の緒形直人さんについては、
先ほども触れましたが、

1993年に結婚されています。
二人の馴れ初めや出会いも気になり調査!

 

その結果、ドラマでの共演が縁となり、
交際期間短く、結婚に至ったようですね。

そのドラマ名は、

1991年放送。松本清張作の『西郷札』です。
二人は共に主演を演じており、

 

  • 樋村雄吾:緒形直人
  • 塚村季乃:仙道敦子

この共演がキッカケとなり交際に発展。
現在では、3人の子供の母親となったのです。

 

スポンサードリンク

子供について

 

子供が3人いるとお伝えしました。
では、そのお子さんは一体だれなのか?

この辺も気になり、調査しました( *´艸`)

 

仙道敦子さんは、1969年生まれ。
結婚時期は、1993年。つまり24年前で、

仙道敦子さんが24歳の頃ですね。

そこから結婚生活を営み、出産。
24年間で3人ということなので、

一番下のお子さんの年齢は、10代ということ。
その辺を踏まえて調査させて頂きます!!

下に続きます ↓↓

長男も俳優デビュー!?

 

緒形敦の芸能事務所や彼女は?経歴や出身高校・大学も調査!

 

ということで、長男は21歳の緒形敦さん。
ドラマ「陸王」で俳優デビューを果たしました。

21歳なので、仙道敦子さんが26歳の時の子です。
結婚2年目にして授かった第一子なのでした。

↑ 画像をクリックすると、
長男・緒形敦さんの意外な経歴が分かりますw

長女や次男について

 

この辺の詳細は一切ありませんが、
仙道敦子さんの大の親友で公私ともに仲の良い、

中村由真さんが長女について語っていました。

緒形直人、敦子夫妻も長男くんと長女ちゃんを連れて遊びに来てくれました。

引用元:https://ameblo.jp/yuma-nakamura/entry-12055282984.html

撮影日は2015年7月27日なので、
今から2年前の写真になります。ということで、

仙道敦子さんの直近の画像が上記ということ。

長女の名前は不明ですが、お母さん似かな?
父親である、緒形直人にも似てるかもですが。

 

この写真には写ってはいませんが、
長男の緒形敦さんと長女も同席していました。

次男についての情報はありませんが、
長男が21歳なので、高校生ぐらいと推測します。

 

長女の芸能界入りもある?

 

正直、あると思います。
親の背中を追って芸能界の道へ・・。

周りの目が厳しくなってきた2世。

 

でも、真面目に芸に取り組んでれば、
自然と認められるはずです。

長女に限らず、次男も俳優になるかも♪

 

最後のまとめ

 

息子が芸能界入りを果たす。

このことについては、夫である緒形直人さんも、
母である仙道敦子さんも驚き、喜んだとのこと。

 

「自分とは同じ道を歩いてほしくない」

芸能界の厳しさを経験した親は口々に言います。
だからこそ、あえて息子の俳優を望む姿には、

子供の成長した姿に感動したのかもしれません。

 

私の子供は・・今日も朝寝坊ですw
将来に不安しか感じない我が子を見て記事を作成。

だからこそ、最後に私は皆さんに言いたい!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください