Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
祭りのまとめ

笠間陶器市(ひまつり)2018の混雑や渋滞は?駐車場や抜け道も紹介!

 

スポンサードリンク

茨城県笠間市で行われる陶器市(陶炎祭)
地元の人間は『ひまつり』と言います。

正式名は『ひまつり陶炎祭』が正解です。

 

毎年開催する笠間の陶器市は毎回盛況!
道も大混雑し、開催時期は渋滞も凄い^^;

駐車場もすぐに満車になってしまうので、
他県から来た方は、驚き苦労するはず。。

 

シャトルバスも各場所から発車していて、
電車で行く・・という手段もあります。

家族で楽しんだり、恋人と行ってみたり。
ペットを連れて楽しむこともできます。

 

笠間陶器市(ひまつり)の日程はコチラ ↓

あわせて読みたい
(陶炎祭)笠間ひまつり2018の日程は?出店数や陶器市を動画で紹介! 笠間在住の陶芸家が芸術の森に集まり、 自身が腕を振るって造り上げた作品。 陶芸のお祭りと呼べる笠間ひまつり。 ...

笠間陶器市(ひまつり)の場所について

 

 

何度も行ったことがある方なら、
どうせ笠間の真ん中辺りでしょ?

という声も聞こえてきそうですが、
そうです。ほぼ笠間の真ん中辺りですw

 

上の地図は拡大も縮小も可能なので、
で調整して確認してみて下さい。

地図の『その他のオプション』を開き、
出発地点を自宅に変更してみて下さい。

自宅からの時間距離も分かりますよ♪

笠間陶器市(ひまつり)のアクセス方法

 

笠間市に高速道路が通るようになり、
交通の便がとても楽になった気がします。

以前の陶炎祭は、渋滞の回避が困難で、
どっぷりと大渋滞にハマってしまいます。

その回避術としてアクセスを紹介します。

 

北関東友部ICを使った場合

 

正直これが一番の最短ルートですね。

しかし、”北関東” というのが問題で、
常磐道を通る方にとっては遠いのです。

 

友部JCTで北関東に乗り換えを行い、
友部ICを目指して走る。

その経由に掛かる時間と料金が嫌なら、
友部SA(サービスエリア)で降りる手も。

 

友部SAで降りる場合

 

ETCが車載に備わっている方に限り、
友部SAを降りることができます。

地図で確認して頂ければと思いますが、
16分。距離にして13.7kmです。

 

芸術の森近くで渋滞にハマるので、
時間に関しては、もう少し延びます。

東京から車で直接来る方などは、
友部SAを利用するのがおすすめです。

笠間市内に無料シャトルバスもあり、
現地まで車で来るのもいいかもですね。

詳細に関しては、以下でご紹介します。

笠間陶器市(ひまつり)は電車で行く場合

 

電車で陶炎祭に行きたい!という方が、
もしかしたらいらっしゃると思います。

 

 

電車で行く場合は、徒歩で約30分ほど。
2kmという道のりになります。

道は平たんではなく、坂道もあります。

なので、意外と疲れるかもしれません。
それでも歩きたい方は止めません(笑)

笠間陶器市(ひまつり)のシャトルバス

 

 

笠間ポレポレ(イオン)を出発点として、
無料のシャトルバスが定期運行します。

  1. 笠間ポレポレ(イオン笠間店)
  2. 市民体育館
  3. カスミ跡地
  4. 笠間稲荷神社
  5. 稲荷駐車場
  6. つつじ公園
  7. 陶炎祭(ひまつり)会場・東ゲート

 

帰りは、逆の順番で戻っていきます。

上の地図を大きく見たい方はコチラ ↓

 

⇒ PDFで地図を確認する

 

ダウンロードをすれば、確認が楽で、
公式HPを毎度見なくて済みます(笑)

地図だけを見ても、肝心の時間は?
そんな方はコチラをご利用下さい ↓↓

 

⇒ バス運行時間表を確認

 

基本的に、9:00~17:00までの運行で、
1時間おきにバスが往復しています。

4月29・30・5月3日・4・5日に限り、
30分おきに運行してくれるそうです。

バスの運転手様、ご苦労様です(_ _)

 

他にもあるこんなシャトルバス

 

動画でも紹介していましたので、
2015年版ではありますが、変更なし。

 

 

動画でも紹介されていますが、
有料で時間の縛りがあるので注意!

 

 

無料ではなく有料(100円)なのですが、
駐車場の満車を考えるならおすすめ?

狙ってみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

笠間陶器市(ひまつり)の駐車場について

 

 

陶器市(ひまつり)は芸術の森で開催。

なので、芸術の森を周回すると、
有料の駐車場がちらほらと見かけます。

ちなみに、普段の芸術の森は無料です。

 

当日の駐車場は、すべて有料となり、

  • 普通車:500円
  • バス:1000円
  • 大型バス:1500円

上記の駐車料金が必要になるので注意!

 

355号が芸術の森付近の道路になります。

そこからすぐ近くの南ゲートですが、
真っ先にココが満車になってしまいます。

なので、あまりオススメはしません^^;

 

少し離れた北ゲートは意外と穴場かも。
ただ、時間が遅いと停めるのは不可能!

なので、できるだけ早い時間に行く!!
これが北ゲートに停めるポイントです。

 

ひまつり会場東ゲートは大人気なので、
駐車をするのは、本当に難しいですね。

ここに停める為には、早い時間に行く!

北ゲートよりも倍率が高い場所なので、
最低でも8時前には行くことを勧めます。

 

各ゲート付近に、個人の有料駐車場が、
ちらほらと設置されていました。

2018年4月29日に実際に行きましたが、
料金も500円だったので、まあまあ(笑)

少し歩くというデメリットはあるけど、
意外と狙い目なのは間違いありません。

笠間陶器市(ひまつり)の抜け道について

 

目から鱗が・・という抜け道というより、
渋滞を避け時短が可能な道を紹介します。

 

 

友部ICからお越しの方に便利なのが、
道の途中にある、セブンを曲がる道。

セブンイレブンを曲がって頂くと、
最初の交差点を左に曲がって下さい。

↑ 地図上の赤〇の部分です。

 

そのまま道なりに進むと、
2ヵ所目の大きな交差点があります。

↑ 地図上の赤〇の部分です。

その交差点を左に曲がり、進むと、
芸術の森(東ゲート)にたどり着きます。


他にも、水戸インターを利用する方は、
こういった道がかなり使えます ↓

 

 

笠間自動車学校の入り口を入ります。

国道50号を走ると、看板があります。
笠間自動車学校入口』だったかも^^;

その道を真っすぐ道なりに進むと、
大きな交差点があり、右に曲がります。

↑ 地図上の赤〇の部分です。

 

上で紹介した近道の2ヵ所目の交差点。
この交差点にこちらの道も繋がります。

なので東ゲートに辿り着くことが可能。

最後のまとめ

 

こちらの記事では、駐車場の情報や、
シャトルバスについて書いてみました。

陶芸家の出店内容についてですが、
とても長くなるので、別記事で紹介!!

 

2018年4月29日に実際に行った私(笑)

渋滞の回避に一番効果的な方法は、
時間を遅らせて会場入りすること!!

早い時間はどうしても混んでいるので、
午後から行くと、意外と空いています。

 

ただ「午前中のイベントが見たい!
という方には、おすすめはしません^^;

ですが、駐車場は少し緩和され始め、
道の渋滞はほとんどなくなります。

 

お昼時の屋台混雑もほとんどないので、
ゆっくり食事を楽しむことができます。

といったことを含め、別記事にて、
画像とともにご紹介していきますね♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク