Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
話題のニュース!

流行語大賞のジンクス?消えた芸人は誰?過去の受賞者まとめ!

 

毎年12月になると発表される流行語大賞
ユーキャンが独自に調査し、

世間の流行をランキング形式で発表する、
毎年恒例のイベントといえます。

しかし、ジンクスとも呼べる不幸もあります。
それが、大賞もしくは受賞した芸人は、

高い確率で業界から姿を消す(消える)のです。

そこで、過去に流行語大賞を受賞した方を、
2000年~さかのぼって調査してみることに!

 

スポンサードリンク

2003年の流行語大賞

 

なんでだろ〜」で大ブレイクした、
テツandトモが流行語大賞を受賞しました。

コミカルな踊りとギター弾き語りで、
その当時の爆発力は相当大きかったですね。

しかし、大賞を受賞した後は、
急激な失速を受け、芸能界から一時消えます。

 

そして気になる現在の主な活動は?

 

 

地方で地道な活動をしているようです。

時々ですが、めちゃイケに出演したり、
笑点といった番組にも登場したりします。

しかし、ピーク時ほどのオファーはなく、
細々とした生活を強いられてるかも。

といっても、地方での活動もあるため、
月収50万以上は稼いでるかもしれません。

2004年のトップテンにランクイン

 

  1. …って言うじゃない…
  2. ○○斬り!」
  3. …残念!!」

 

この3つの言葉で大流行した波田陽区

波田陽区もまた、ギターの弾き語りで、
自身の自虐ネタを披露し、一刀両断。。

 

受賞後はすぐに消えたのですが、
島田紳助にとても気に入られたことで、

クイズ!ヘキサゴンにレギュラー出演。
その救いの手があり復活したのです。

しかし、島田紳助が芸能界を引退。
番組も終了したことで、再び消滅の危機。

 

現在は、地方で活動をされているようで、
めちゃイケで披露したフェニックスも披露。

本当に面白くないネタだったので、
知名度を押し上げるだけのパワーもなく↓

ということで、芸人としては健在でしたw

2005年のTOP10にランクイン

 

フォーー! 」と過激な衣装を纏い、叫ぶ芸。
レイザーラモンHGさんがいました。

受賞後は忽然と姿を消してしまったHGですが、
奥様の住谷杏奈さんが実業家として成功。

そのおかげで、TVなどに出演する機会が増え、
現在もスポットで表舞台に出てきたりします。

現在では、相方のRGのほうが需要が多く、
主役を奪われる格好になってしまいました。

そして奥様にも頭が上がらないかも( *´艸`)?

2007年のTOP10にランクイン

 

そんなの関係ねぇ」で一世風靡し、
海パン一枚の芸、小島よしおがいました。

この方は、現在も細~く長~く生きており、
同じ芸風で活動を続けています。

 

R-1グランプリに出演したことで、

決勝進出まで果たすも、敗退を喫します。

ですが、裸芸がいまだ生き残れると確信し、
その後の活動に、磨きがかかるのでした。

 

またプライベートでは、

現在の妻である小松愛唯さんと結婚し、
世間の注目を一時期ですが集めるのでした。

2008年の流行語大賞

 

グ〜!」で大ブームを起こした、
エド・はるみがTOP10にランクインです。

この方を語ると長くなってしまいそう^^;
なので、主要な出来事でご紹介しますね。

 

  • 航空機ANAにてCAとトラブル
  • 明治大学に入学
  • 小池塾に入塾
  • ライザップのCMに出演

 

主な出来事でした。CAと口論をしたことで、
ネット上では大批判を受け、知名度上昇。

不名誉な出来事だったのではないでしょうか。

その後は、当時話題の小池塾に入り、
政界にも進出するのか?と騒がれる事態に。

本人は「そのつもりはない」とキッパリ否定。
いま思えば、大正解の判断だったといえます。

ライザップのCMにも出演するのですが、
中途半端な体型を披露する格好となりました。

スポンサードリンク

2010年のTOP10にランクイン

 

ととのいました」で世相を斬るWコロン

とある番組で、コンビの不仲を暴露されると、
更に状況が悪化し解散をしてしまうのでした。

コンビとしては最悪の状態だったようで、
ネタ披露以外は、一切口を聞かない末期状態。

 

その状態でよくネタを合わせられたなぁ。

と個人的に関心してしまう私なのでしたw

 

このコンビの主役は、間違いなくねづっち

ブレイク時の月収は500万ともいわれており、
現在では1800円・・という極貧生活・・。

ユーチューバーとしても活動する現在ですが、

 

 

まったく面白くないせいなのか、
再生回数も極貧なのです。

結果、動画の広告収入も雀の涙ほどです。

とあるテーマパークのネズミのように、
世間から必要とされる時代は再臨するか?

2012年の流行語大賞

 

ワイルドだろぉ」と、独特な恰好で、
このネタ一本で活躍したスギちゃん

一時期は完全に消えたものの、
現在では多少なりともTV出演はあります。

 

プライベートでは、第一子を授かるなど、
仕事量とは比例しない幸せがありました。

2014年の流行語大賞

 

ダメよ〜ダメダメ」で世間を騒然とさせたコンビ。
日本エレキテル連合の2人ですね。

流行語大賞のジンクス史上、最強の2人では??
というのも、受賞後すぐに世間から消えたのです。

最速で消えたのでは?と思えてしまうほどの爆速!

現在でも芸人として活動しており、

 

 

動員規模は不明ですが、
小規模のライブや地方ロケは行っています。

月収や年収は・・大幅に激減したのでは?

 

2017年のTOP10にランクイン

 

35億」で大ブレイクしたブルゾンちえみ

絶賛売り出し中なので、消えてませんw
しかし、本人もジンクスを恐れたのか、

流行語大賞の授賞式に欠席したそうです。

 

ナイナイがMCのお笑い荘でブレイク。

忘れた方も多いと思いますが、
大ブレイクして1年も経ってないんですね。

↑ 記事作成時期は2017年12月2日です。

 

これまでの消えた芸人の流れを見ると、
2018年は危険と判断せざる負えません。

そして、24時間ランナーとしても快走し、
世間に涙を届けたことでも知られています。

このランナーのジンクスも少しだけある?

といっても、エドはるみさん以外は、
現在もTVで活躍する方々が多いのも事実。

最後のまとめ

 

結論からいえば、高い確率で消えます

個人的な推測で申し訳ありませんが、
受賞することで、一気にピークを迎える?

その結果、人気が収束していくのでは??

今後のブルゾンちえみの動向を見張りつつ、
2018年の流行語大賞も気にしてみましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク