Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スノーボード

スノボでいるものや持ち物は?日帰りで役立つ便利グッズも紹介!

 

スポンサードリンク

 

今年スノボーデビューします。でも、最初は何を持っていけばいいのか分かりません。

 

 

スノボ初心者が最初に考えることが、
おそらくこの悩みではないでしょうか。

スキー場では、レンタルも可能なので、
余計な物を買わずとも問題ありません。

では本当に必要な物不要な物とは?

 

初心者でも日帰りで楽しむ方を対象に、
当日にいるもの持ち物を紹介します。

ゲレンデの常連に聞く無いと困る物や、
あると本当に便利な物も合わせて紹介。

最後まで読んで頂けると嬉しいですw

 

いるものや必要な持ち物は?

 

初めてスノボをする方のいるものは?

とりあえずこれだけは準備しましょう。
といった物を箇条書きでまとめました。

あくまでも滑る上での必要な装備です。

 

 

  • スノーボード本体(レンタル可能)
    • ボードに関しては、無理して購入する必要はありません。というか、知識のない人が購入するのはおすすめしません。

 

  • ブーツ(レンタル可能)
    • ブーツに関しても、最初から無理して買う必要はありません。ボードを購入する予定があるのであれば、その際に合わせて購入するといいかもしれません。

 

  • ビンディング(レンタル可能)
    • ボードとブーツを接続するアタッチメントです。こちらも、単体で購入する必要はありません。

 

  • スノーボードウェア(レンタル可能)
    • ウェアはレンタルでも問題ないのですが、お洒落な柄があるの?という疑問を持たれた方は正解です。そこまでお洒落な柄は少ないかも。

 

  • グローブ(レンタル可能な場合も)
    • 安い物だと2000円~購入が可能なので、これは先に購入してもいいかもしれません。

 

  • ゴーグル(レンタル可能)
    • 安い物だと2000円~購入が可能なので、これは先に購入してもいいかもしれません。

 

  • ヒッププロテクター
    • これは特に必須ではありません。ただし、初心者の方は転ぶ練習も事前にする必要があります。その際に、お尻から転ぶ練習もします。そういった時に役立つアイテムです。
    • 他にも、怪我を防止するアイテムとしても役立ちます。転倒の際に、下半身を怪我する人も少なくありません。大けがを予防する上でも、初心者の方にはおすすめ!

 

 

 

  • ニット帽
    • ヘルメットを被る方もいますね。義務化はされていませんが、安全を確保する上ではヘルメットが望ましいです。
    • 小さなお子さんは安全を確保するため。競技をされる方は着用が義務。一般の方は、お好みで着用を選択すればいいと思います。

 

  • ネックウォーマー
    • ウエアを着ていても、首元の冷えはツライもの。これは安くても、お持ちの物でもいいので是非用意しましょう。
    • 他にもフェイスマスクともいいます。バラクラバというマスクは、顔だけでなく頭まで覆うマスクもあるので、用途に合わせて選択しましょう。

 

  • インナーシャツ
    • ファーストレイヤーともいいますが、肌に触れる服。
    • ユニクロのヒートテックが人気があります。速乾性と謳(うた)っていますが、汗の吸収を捌ききれない気がします。そもそも、スポーツ用ではないので、専用のヒートテックとは異なります。値は張りますが、バートンから販売されている物がおすすめです。
    • ユニクロのヒートテックは行きと帰りに着るのにはおすすめです。あくまでも、滑っている最中には向かないのです。

 

  • フリース・トレーナー
    • セカンドレイヤーともいいます。先ほどのファーストレイヤーの上に着る服。
    • 速乾性と保湿性に優れた物を選ぶのが望ましいです。ポリエステルやウールが最適といわれていて、綿などの素材は速乾性が無いので選ばないほうが賢明です。

 

  • 裏起毛のタイツ・トレンカ・レギンス
    • 全身で保温を保つ意味でも、是非揃えて下さい。ユニクロのヒートテックを着る方もいますが、こちらも専用を買ったほうがいいかもしれません。

 

  • 靴下(厚手)
    • 靴下は2枚重ねでも大丈夫です。

 

  • 着替え
    • これは絶対に持っていきましょう。楽しんでいる最中はいいのですが、必ず汗を掻きます。汗を掻いて体が冷えてしまう恐れもあるので、着替えは必ず持っていきましょう。

 

 

フリースの代わりにスウェットのパーカーでもいいの?

 

んー、あまりおすすめしないかな。スウェットは綿素材が多いよね?綿は汗を掻いて、一気に体の熱を奪っていく。それが原因で風邪を引いたり、体調を崩す原因にもなりかねないんだ。

 

 

簡単にまとめてみました ↓

  1. ニット帽
  2. ネックウォーマー
  3. インナーシャツ
  4. フリース・トレーナー
  5. 裏起毛のタイツ・トレンカ・レギンス
  6. 靴下(厚手)
  7. 着替え

 

 

これなら、家で代用できるものばかりだから嬉しいかも♪

 


 

迷ったらブランドで選べば間違いない

 

53%OFFにて販売中のROXYが狙い目!
女性に絶大な人気を誇るブランドです。

スノーボードの環境に適しているので、
汗による体温変化を抑えることが可能。

 

スポンサードリンク

初心者はレンタルでも十分?

 

  • スノーボードセット
    • 4500円前後(1日)
    • 3500円前後(半日)
  • ブーツ
    • 2500円前後(1日)
    • 1500円前後(半日)
  • ウェアセット
    • 4000円前後(1日)
    • 3000円前後(半日)
    • 「レンタルのほうが買うよりも安いからお得だね!」と思うのは、半分正解で半分不正解です。
      確かに購入すると数万は確実にします。ですがレンタルだと、1回で4000円~から払うことに。
      ウェアは、型落ち品を上手く狙って買えば比較的安価で買うこともできます。
      複数回のレンタルを考えるなら、購入したほうが得になるのです。あくまでも、年に複数回使用するという前提です。
  • ヘルメットやゴーグル、グローブは別途掛かります。

 

 

初心者は全部レンタルのほうがいいのかな?って思ったんだけど・・。

 

ボードなどはレンタルのほうが絶対にいいと思うよ。形状には種類があるし、何より自分に合った形状は、滑ってみないと分からないんだ。買ってから後悔したくないなら、レンタルでまずは滑るものありだよ。

 

そっか。じゃあ、ウエアもレンタルのほうがいいかな?

 

それは一概に言えないかな。最新のブランドを狙うと高い買い物になるけど、去年のモデル(型落ち)やセールを狙えば比較的安価で買えるよ。

それに、2~3回レンタルをすれば元が取れてしまえるよ。

 

じゃあ、ゴーグルやグローブも事前に買えば、ボードのレンタルだけで済むね。

 

そうだね。すべてレンタルをしようとすれば、1万前後。

ただし、今後も複数回滑ることを前提にしないと損をしてしまうから注意!

 

 

ウエアはアウトレットが狙い目です!

 

ちなみに販売価格は47,000円でしたが、
18,500円という破格で販売してました。

ROXYがこの価格で買えたらお得です。
レンタルを4回以上すると買えますよw

もしもの時に無いと困るもの

 

  • スマホのバッテリー
    • 電波が弱い所では、電池の減りが早いです。予備のバッテリー、もしくは充電器を持参するといいかもしれません。ゲレンデは広くはぐれてしまう可能性が大なので、もしものときのために充電は必須です。

 

 

 

充電を満タンにしたはずなのに、お昼には充電があとわずか・・。

電波が悪い場所では、あるあるだと思います。充電器を一つでも持っていくと心強いと思いますよ。

 

 

  • 替えの下着
    • 初心者のうちは転んだりしりもちをしている時間が非常に多く防水のウェアを着ていても中に浸みることも多く帰りに濡れたままでは不快ですし、風邪の心配もあるので下着の替えは絶対に必須です。

 

男子はいいかもしれないけど、女の子で下着が濡れたら最悪だよね。絶対に持っていかなきゃ^^;

 

初心者必見の便利な物とは?

 

持っていると絶対便利!を紹介します。

 

  • 日焼け止め
    • 必需品です!マストアイテムなので、必ず持参して下さい。
    • 顔だけでなく、首の後ろも忘れずに。ゴーグルが設置する所を重点的に塗ることで、ゴーグル焼けを防ぐことができます。

 

  • 身分証明書(免許証 or 保険証など)
    • 保険証はコピーでも大丈夫かも。
    • あくまでも万が一を備えての準備です。ですが、絶対に持っていきましょう。怪我をしないという保証はありません。

 

  • 小銭入れ
    • 滑っている最中に使うお金は、それほど必要ありません。2000円もあれば事足りるかも。なので、大金は持ち歩かずに小銭を入れる財布があれば十分!

 

  • パスケース(リフト券入れ)
    • 首から下げるタイプはとても危険です。ウエアに付けるタイプの物だと、何かと便利です。

 

 

 

  • 自撮り棒
    • インスタといったSNSに載せる人は必需品だと思います。

 

  • カラビナ(大)
    • 腰に付けておけば、グローブやゴーグルを付けることが可能です。トイレやレストランに行く際に、とても役立つアイテムです。

 

 

 

  • 時計
    • 腕時計は滑ってる最中に地面に手が付いた時に危険です。そこで便利なのがカラビナ付きの時計。滑り終えた際に、時間を見ることができます。

 

 

 

  • ジップロック
    • お金はもちろん、ロッカーのカギ、スマホ、ゲレンデマップを入れておくと便利です。
    • 乾燥材を入れておくと、ゴーグル(ダブルレンズ)の内側が曇った時に入れtおけば曇りが取れます。

 

最後のまとめ

 

最初から全部揃える必要はありません

まずは1回目の滑りを終えてみてから
板などの高額商品を買うか判断すべき

ウエアに関しては、セール品や型落ち
お得と思える物なら買ってもいいかも。

無理して購入する必要はありませんよ。

 

ちなみにボード一式を買う場合ですが、
ネットではなく、ショップで直接買う

販売員の中には経験者の人もいるので、
自分に合ったアドバイスを聞けますよ。

 

2つ目のボード板を買う方に限っては、
同じ形の板を買えば間違いありません。

なので最初だけは専門家に聞いて頂き、
アドバイスを聞き覚えておきましょう。

 

スポンサードリンク