Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
夏休みの宿題

読書感想文の書き方(小学生編)!低学年の子供の教え方や例文のコツ!

 

スポンサードリンク

小学生の夏休みの定番の宿題といえば、
自由研究読書感想文自由工作など。

今回は読書感想文に焦点を当てますね。

 

小学生にしたら、読書感想文は大変で、
親もどのように子供に教えればいいか。

親が子供に教える書き方のコツも紹介。
子供が読書好きになれるようにします。

 

本の選び方とテーマを考える

 

課題図書以外の本を選ぶ時の注意点!

本屋さんや図書館には沢山の本があり、
どの本を選んだら良いか分かりません。

そんな時、選ぶ際のポイントがこちら↓

 

  1. 題名を見た時の子供の反応
    『面白そう』『興味がある』
  2. 本の厚みがあまりないもの
  3. 子供でも読みやすいもの
  4. 全体の展開がわかりやすい
  5. 自分の生活環境に共通点がある

 

題名を見た時の子供の反応で選ぶ

 

こどもが「本を探す」行為というのは、
宝探しをするような感覚と似ています。

親がすべきは、本を見付けるではなく、
子供が興味を示す本を一緒に探すです。

子供の主体性も伸ばすことにも繋がり、
子育てにおいても、必要な教育の一環。

[aside type=”warning”]主体性とは・・ 自分の意志・判断によって、みずから責任をもって行動する態度や性質の意[/aside]

 

本の厚みがあまりないものを選ぶ

 

読書感想文に必要なのは、本の厚み?
いえ、本の厚みは重要ではありません。

特に飽きっぽい性格の子供には不向き。

 

子供でも、1時間以内で読める内容で、
大人でもさらっと読める内容で十分!

長編を選んでしまうと、途中で離脱し
読み終える頃には大半を忘れています

それでは感想文を書くのが困難ですね。

 

子供でも読みやすいものを選ぶ

 

難しい言葉や表現を多用する本は厳禁。

読んでいる最中、読み終えた後にも、
物語の中に入り込み、余韻に浸れる物。

こういう本と出会えることができると、
読書は楽しい」と思ってもらえます。

 

漫画で頂点に立つのが「ワンピース

3億部数の売上を誇る大作の漫画です。
なぜ世界的に有名な漫画になれたか?

展開がとても分かりやすいからです。

 

海賊王になる」というゴールがあり、
そのゴールまでの過程の物語ですね。

主人公が強くなり、仲間が増えていき、
感動と笑い、葛藤などが描かれた作品。

 

テーマが難しいかも?と思っていても、
小さな子供から大人まで夢中になれる。

これは、年齢関係なく読みやすいから

そういう作品に出会うのは難しいけど、
だからこそ子供にとっては宝探しです。

そんな楽しい時間を大人は邪魔せずに、
子供と一緒に探すことも大切なのです。

 

全体の展開が分かりやすい

 

展開が分かりやすい本の特徴の一つに、
読み終えた後に、一言で説明できる事。

 

  • 主人公が物語のはじめと最後で大きく成長した。
  • 貧しかったけど、最後は裕福になれた。
  • 自分勝手だったけど思いやりを持つようになった。

 

本全体の展開が分かることができれば、
感想文を書くことは難しくありません。

展開を把握できないまま書き始めると、
誰にも伝わらない感想文になるのです。

 

自分の生活環境に共通点がある

 

感想文が書きやすくなるコツがコチラ。
自分の環境と似た作品を選ぶことです。

性別や年齢が近いといった共通点など、
より感想が書きやすい状況が作れます。

主人公と自分を照らし合わせることで、
言葉の一つ一つが相手に伝わるのです。

子供と一緒に構成を考えてみる

 

書きたい本を見つけることができたら、
次に必要なのは読書感想文の構成です。

 

  1. 書き出し
  2. 本のあらすじ
  3. 感想
  4. まとめ

 

通常は、1~4の順序で書いていきます。

書き出しは、この本を選んだ理由や、
どうしてこの本を読もうと思ったのか

 

  • お母さんや友達、先生にすすめられた
  • 題名を見て面白そうだと思った
  • 自分と共通点がありそうだった

 

理由は何でもでいいので書いて下さい。

どうして自分はこの本を選んだのか

本の内容よりも、重要なのがここです。
誰も本の感想には興味がないのです^^;

この、「どうして」に価値があります。

 

本のあらすじなど、重要と思える場面、
心に残った言葉展開には付箋を貼る。

メモを取りながらでも問題はないけど、
付箋を貼り付けたほうがとても簡単

後で読み返す時も、付箋だけを見れば、
内容をまとめる際も簡単にできますよ。

書き方や例文のコツも知りたい

 

書き出しとあらすじを書き終わったら、
いよいよ大変な感想を書いていきます。

感想を書く時のコツはメモを参考にし、
最も心に残り感動したことを書きます。

 

  • 『私はこの本の○○の部分がとても感動しました(すごいと思いました)なぜなら…』
  • 『私だったらこんな時○○します、なぜなら…』のように書いていくと良いでしょう。

 

強く印象に残った、感動したことなど、
一点に絞って簡潔に書くほうが楽です。

そのほうが読み手も読みやすいですよ。

そして、感想の部分が書き終わったら、
最後に感想のまとめを書いていきます。

 

  • 『私はこの本を読む前は〇〇と思っていたが、読んだあとは〇〇と思った』
  • 『今まで私は〜について〇〇と思っていたが、本当は〇〇だということを学んだ』
  • 『これからは〇〇しようと思う』

 

読む前と後の心情の変化を書いてみる。

又は読み終えて自分はこうなりたい!
という内容を書くと良いと思いますよ。

 

そして一通り書き終わったらすること。
それは、必ず読み返して見ることです。

誤字や脱字が無いか、表現は適切か?
細かな部分も必ずチェックしましょう。

 

管理人が小学生になりきって書いてみた

 

読書感想文は感想だけを書けばいい?

本の感想を書くだけでは面白くない!
誰も、本の話には興味がないのです^^;

 

誰でも知っている「桃太郎」という話。

この桃太郎を感想文として書いた場合、
多くの人が、昔昔あるところに・・。

という書き出しを思い出すと思います。

 

多くの人が桃太郎の話を知っている為、
一から十までの話を聞いても飽きます。

では主人公を否定したらどうなるか?

 

[aside type=”warning”]ぼくは桃太郎が好きではありません。

鬼たいじと言って、さると犬と鳥と一緒にたたかうからです。

鬼は悪いことをしたかもしれないけど、
もしかしたら優しい鬼もいたかもしれない。

ぼくは、よくお母さんにおこられます。

おこられた僕を、お父さんはわらわせてくれます。
いっしょにボールであそんでくれたり、ゲームもします。

お母さんはときどきこわいけど、えがおがかわいいです。

もしかしたら、鬼の中にも、ぼくのような鬼もいて、
お父さん、お母さんとくらしている鬼もいるかもしれません。

ぼくが鬼だったらと思ったら、桃太郎が好きじゃなくなりました。
でも、鬼といっしょに桃太郎があそんだら仲良くなれるはずです。

僕もお父さんとお母さんとは、ずっと仲良くしたいと思いました。

[/aside]

 

これは小学生の低学年が書いた感想文。
という書き方で私が書いてみました!

漢字少く平仮名を多めに使用したので、
とても読みにくい内容になりました^^;

 

「桃太郎が嫌い」という言葉を書くと、
多くの人がビックリすると思います。

最初の一行で、一気に引き付けます。
なぜ嫌いか?という理由も書きました。

そして、自分や家族構成に触れます。
鬼と桃太郎が仲良く遊ぶという発想。

 

世間に知れ渡る桃太郎とは違いますね。

鬼を主人公のように仕立てた場合です。
この書き方をするだけで目を引きます。

 

スポンサードリンク

子供が成長できる親の手伝い方

 

小学生の低学年は、親の協力が必要で、
読書感想文もまた必要になるはずです。

しかし何でも親が手伝ってしまっては、
子供の成長を妨げる原因になるのです。

 

そこで私が推奨する親の手伝い方です。

読書感想文に関しては、親が先に読む
読み終えた後は、メモをとっておく

子供が読み終えたら子供の感想を聞く
ゲーム感覚で話をすると面白いですよ。

 

  • 本の題名について『この本は〇〇について書いてあるみたいだけど、どう思う?』と聞いて、その答えをメモさせておく
  • 読みながらメモをとったものを見返しさせて『どの部分が一番感動した?』と聞いて、赤ペンなどで印をつけさせる
  • この本を読んで、これからはどうしようと思った?(考えは変わった?)』と聞いてメモをさせる

 

あくまでも、子供に考えさせることで、
自分で考えることの楽しさを教えます

見当外れなことを言うかもしれません。

でも、怒らずに「どうしてそう思う?
子供の考えを最後まで聞いてあげます

 

親の考えを子供に押し付けるではなく、
子供の意見に耳を貸し、賛同すること。

明らかに間違っている時だけ正します。

 

お母さんはこう思うけどどう思う?

 

ここで重要なのは、発想力を伸ばす事
親の意見を押し付けてはいけません!

子供に大人の固定概念を植えつけると、
それ以上の発想ができなくなるのです。

 

以前、TVでとある実験が行われました。

下の絵のようなドアが用意され、
ドアを開けて、部屋に入って下さい

実験者は上の指示だけをされたのです。

 

 

しかし、驚くべき実験結果が出ました。
8割の大人がドアを開けられないのです。

大人と同じ実験を、子供にもしました。

こちらも予想を超える結果が出ました。
なんと、子供は簡単に開けたのでした。

 

大人の固定概念だとドアは押すか引く

これでドアが開くと決めつけています。
しかし幼い子供にはそれがありません。

このドアの開け方は押す引くではなく、
横にスライドさせて開けるタイプです。

 

読書感想文に限らず子供に必要なのは、
子供の意見や考えをキチンと聞くこと。

大人の考えをすべて押し付けないこと。

 

親の言うことをまったく聞かない

 

といった声をよく耳にするのですが、
大概、子供の意見は聞いていません。

子供の意見を聞かずに自分の意見を
無理やり押し付けるから反発します

もう少し子供の声に耳を傾けて頂き、
子育てを楽しんでみて下さい( *´艸`)

読書感想文2018年の課題図書を紹介!

 

ルラルさんのだいくしごと

購入者の声

雨漏りを直そうと屋根に登ったルラルさんでしたが、はしごが倒れてしまい、屋根からおりられなくなってしまいました。

動物たちがはしごをかけてくれるかと思いきや、まさかの電車ごっこを始めてしまい、見えないところへ行ってしまいます。

ルラルさん大ピンチ!ですが、ここでアタフタしないのがルラルさんです。寝転んで雲をながめはじめます。たしかにこんなにのんびりとした時間、作ろうと思ってもなかなか作れるものでもありません。

大人って、時間があると思うと、あれやりたい、これもやらなきゃって詰め込みがちになってしまいますよね。こういうのいいなと思えました。

動物たちが戻ってきたのは、西の空が赤く染まるころというのにはびっくりでした。ルラルさん、トイレとか大丈夫でよかったな~と、ふと思ってしまいました。

引用元:楽天ブックスより

 


 

きみ、なにがすき?

購入者の声

2018年度読書感想文コンクール小学校低学年の部課題図書。
読み物ですが、繰り返しが楽しい小品で、ほっこり気分間違いなしです。

あなぐまが、自分の庭で畑作りをしようと思い立ち、何を作るか思案する物語です。友だちの好きなものを作ろうとしますが、みんな既に自分で育てたり収穫しているのですね。

すっかり意気消沈したあなぐまの解決策がキュートです。そう、ここが読み取りポイント。
ここで絵本的に絵を読ませるのですね。課題図書になった所以を感じました。

同時に、友だちの喜ぶ顔を見たいという思いがいーっぱい感じられて、心が温かくなりました。それだけに、題名も共感します。この幸せ感、子どもたちにも体感してほしいです。

引用元:楽天ブックスより

 


 

なずずこのっぺ?

購入者の声

青少年読書感想文全国コンクール 課題図書 小学校低学年の部の4冊の内の1冊です。
子が読書感想文を書きたいというので購入しました。
虫語、わかるかなあ?と子と楽しみにしていたのですが、帯にヒント(というかほぼ答え)があるのですぐ理解できました。
虫の会話だけしか書いていないので、全部でも200文字くらいでしょうか?
1頁に10~30文字くらいしかなくて、1文字も無い頁も多いです。
読み聞かせ楽だよとそそのかしたら、夫が子に初めて読み聞かせしていました。
さっくり読んで、絵から想像力を広げられるので、読書の苦手なお子さんにもおすすめです。
下の幼稚園年中児も幼稚園で読み聞かせしてもらったらしく、虫語で話しかけてきます。
読むたびに新たな発見があるので、大人の自分でも何回も読みたくなる本です。

引用元:楽天ブックスより

 


 

がっこうだってどきどきしてる

購入者の声

第64回青少年読書感想文全国コンクール 課題図書 小学校低学年の部 4冊のうちの1冊です。
主人公はできたばかりの小学校で、どきどきしながら小学生を迎えます。
色々な生徒に対して学校が思う気持ちに、一緒になって怒ったり切なくなったり。
何てことない内容(失礼)なのですが、深く考えさせられました。
自分は学校を大事にしていたかな、子はボロボロの学校をどう思っているのかな、等々…
小学校で読み聞かせてもらったそうで、お話は知っているそうですが、時々読み返してほしい本です。

引用元:楽天ブックスより

最後のまとめ

 

いざ、読書感想文を書こうと思ったら、
少し・・とっても疲れると思います^^;

でも、まずは親が楽しんで協力すると、
子供も釣られて頑張ってくれますよ!

親がお手本になって頑張りましょうね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク