Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
浴衣のまとめ

浴衣を着る前に必要な物をリストにまとめてみた♪

 

スポンサードリンク

花火大会や夏祭りに浴衣を着たい!

といった悩みを抱える方は多いはず。
そこでネックになるのが浴衣の着付け

そして、最低限必要な物ってなに??

 

そういった悩みを解決するために、
初心者が揃えるべき物をまとめました。

女性用の物の記事なので、ご注意を。。

浴衣を着る前に必要な物はなに?

 

文章だけだと分かりにくいと思うので、
まずは下の動画をご覧くださいませ ↓

 

 

  1. 下着
  2. 肌着(スリップ)
  3. タオル 2~3枚
  4. ひも 2~3枚
  5. 浴衣・伊達締め1本
  6. 半幅帯・クリップ
  7. 帯板
  8. 下駄

 

1.下着について

 

普通のブラジャーを使用するよりも、
和装用スポーツブラを使用します。

スポーツブラよりも和装ブラのほうが、
胸元を平らに補正する効果があります。

 

カップが大きくて浴衣が似合わない

そういった方は和装ブラがオススメ ↓

 

2.肌着(スリップ)について

 

肌着を着ないと下着が透けるので注意!

実はキャミソールで代用ができます。

ということで、上はキャミソールで、
下はペチコートを着るといいと思います。

 

正式な物で対応するならコチラです ↓

 

浴衣スリップは高価な物ではなく、
1000円ほどで買える物もあり、お得。

画像のスリップは1000円で買えます♪

 

スポンサードリンク

4.ひもについて

 

腰用、胸用に、最低2本は必要です。
補正用にもう一本あると便利ですよ。

 

 

↑ 画像の物は、380円のものです。
比較的に安価で購入できます。

5.伊達締めについて

 

浴衣を購入した際に付いてるかも?

浴衣によって、セットの中に帯や、
下駄も入ってることもあります。

 

もし無ければコチラをご購入下さい ↓

 

伊達締めは比較的安価で販売されており、
なかには高い物も販売されています。

 

伊達締めは、幅が広いもの選んで下さい。

ポリエステルよりも、のほうが、
しっかり締まるので着くずれも防げます

6.半幅帯やクリップについて

 

浴衣の帯は、着物の帯の約半分なので、
半幅帯という名称が付いたそうです。

洗濯ばさみでもクリップの代用が可能♪

 

 

お好きな柄を選んで頂いて大丈夫です♪

浴衣の次に、半幅帯に目が行くので、
浴衣の柄と相性が良い物を選んで下さい。

7.帯板について

 

動画でも紹介されていましたが、
調整用のベルトがあるととっても便利!

 

 

帯のシワを目立たなくするのが目的

代用品としては厚紙でも大丈夫です。

買ったとしてもそれほど高くない為、
一つぐらいはあってもいいかも(*’▽’)

最後のまとめ

 

とりあえず、ざっと書いてみましたが、
何となく分かりましたでしょうか??

下着は、スポーツブラか和装ブラを。
普通のブラジャーは止めたほうが無難

 

肌着は、浴衣スリップがオススメ!!

上はキャミソールなどを着たり、
下はペチコートでも代用は可能です。

 

伊達締めは浴衣を羽織ったあとに巻き、
その後に半幅帯を腰に巻きます。

最後に帯板を使って形を整えて完成!!

着付けの詳細は、別記事でご紹介します。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク