Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
浴衣のまとめ

浴衣を暑い日に着る時の対策は?涼しい着方や素材(生地)も紹介!

 

スポンサードリンク

花火大会という場所に合うのは浴衣!

私服を着る方もいらっしゃいますが、
年に一度のイベントだからこそ着たい

彼氏と浴衣デートを考えている方や、
友達、家族と行く時に浴衣を着る方々。

 

そういった女性に今回ご紹介するのが、
浴衣を暑い日に着る時の対策や対処は?

汗でダラダラ・・って最悪ですよね?

異性や彼氏の目が気になるという方に、
涼しい着方素材(生地)も紹介しますね♪

浴衣を暑い日に着る時の対策は?

 

せっかく花火大会だし、浴衣が着たい!

しかし、浴衣を着ると分かるのですが、
普段から着慣れない人には大変な服です。

 

理由は、昼間の暑い時間帯に着る場合
汗が止まらないという事態が起こります。

汗をかきたくない!と思う人も多く、
簡単な汗対策をさらっとご紹介します♪

 

マメに汗を拭きとるはもちろんですが、

誰にでもできる一番簡単な方法は、
涼しい場所で十分に休憩する。が大切!

 

夏の暑い時期に怖いのは熱中症”です^^;

汗を掻いてるうちはまだいいのですが、
本格的な熱中所になると、汗が引きます。

体温の調整も不可能になってしまうので、
やりすぎな程の暑さ対策が必要なのです。

 

会場周辺に冷房完備の建物があるならば、

カンカンに冷えた飲み物を飲む・・、
これはお腹が冷えてしまい逆効果です!

氷を口に含み、ゆっくり水分を補給する。

 

 

うちわ扇子をお持ちなら、それで扇ぎ、
火照(ほて)った体に涼みを与えて下さい。

 

浴衣の身八つ口袖口から、風を送り、
熱を効率よく外に放出するのも大切です。

ちょっとした裏技ですが、胸元や帯に、
保冷剤をハンカチに包み、忍ばせておく。

 

日傘を差すのも、暑さ対策には有効です。

浴衣の着方も様々になっているので、
日よけの帽子を合わせるのもありですよ。

 

スポンサードリンク

浴衣の涼しい着方とは?

 

浴衣を着る前に冷たいシャワーを浴び
それから着付けをすると気持ちいいです♪

着付けが不慣れの方は、着付けに夢中で、
それだけでも汗が流れてきてしまいます。

 

まずは体の温度をある程度下げましょう

 

冷感ジェル汗止め効果のあるスプレー

 

 

 

上記を首元や脇に塗っておきます

スプレーは、持ち歩いてもいいでしょう。

浴衣を着るなら肌着は必需品!

 

そして、汗対策でこだわりたいのは肌着

下着の上に直接浴衣を着ていませんか?

 

浴衣は、綿の平織りと呼ばれる生地が、
現在の市場でも多く普及されています。

このままだと、肌にまとわりついて、
長時間、不快なまま浴衣を着ることに^^;

必ず、汗を吸いやすい綿でできた、
浴衣用肌着を着用してくださいね( *´艸`)

 

関連記事はコチラを参照してください ↓

あわせて読みたい
浴衣を着る前に必要な物をリストにまとめてみた♪ 「花火大会や夏祭りに浴衣を着たい!」 といった悩みを抱える方は多いはず。 そこでネックになるのが浴衣の着付け。 ...

 

他に、歩きやすさ透け防止にもなる、
浴衣にピッタリ!の女性用ステテコです。

 

 

素材は先ほどの肌着と同じで、綿
色は透けにくいベージュなどが無難です。

浴衣の涼しい素材や生地はなに?

 

浴衣の素材で涼しいモノと言えば、
しかし生地が薄く、透ける可能性も^^;

 

そこで私がおすすめしたいのは、
綿50%麻50%(混合素材)の浴衣です(^^)/

気になる透け感も大幅に軽減されて、
涼しさも十分に保たれている優れもの!

 

最近では、新素材で作られた浴衣などが、
各メーカーから続々と発売されています。

東レ帝人などのメーカーがおすすめ!

 

 

安価販売の浴衣より値段が張るのですが、

吸湿速乾素材の浴衣は実際に涼しく
化繊なのでお手入れがとても簡単ですよ。

今後も長く着たいと思うのであれば、
少し、値段が高いほうが長持ちはします。

 

毎年、違った浴衣を着たいと思うなら、
安価の浴衣を購入してもいいと思います。

その時その時のTPOに合わせて下さい♪

最後のまとめ

 

汗っかきの方にとって、浴衣は大変です。

しかし、彼氏や好きな人の前だからこそ、
頑張って女性らしさを魅せたいはず!!

 

無理をするのは何でも良くはありません。

相手に迷惑をかけたくないと思うなら、
自分でできる最低限の暑さ対策は必要!

 

ここまでの要点を簡単にまとめました。

  • 冷感ジェルやスプレーを塗る。
  • 保冷剤を持ち歩く。
  • 肌着は吸水性の良い浴衣用の肌着を着る。
  • ステテコをはく。
  • 衣紋を抜き、帯を締めすぎない。
  • 浴衣を購入するときに、素材を選ぶ。

 

上記を意識して対策をするだけでも、
浴衣を着て、汗での失敗は減りますよ。

対策も対処も本人の心掛け次第なので、
是非、実践して花火を楽しんで下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク