Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
浴衣のまとめ

浴衣の帯の結び方は簡単!女性の大人におすすめの帯締めも紹介!

 

スポンサードリンク

浴衣の着付けは意外と難しいですよね。

肌着を着て、帯紐胸紐伊達締め
そして半幅帯までの過程が大変なのです。

プロの方や着慣れてる方は簡単ですが、
初めての方は、敷居が高いと思うはず!

 

しかし帯締めまできたのならもう少し!

今回紹介するのは簡単な帯締め方法と、
大人の女性に似合う帯の結び方を紹介!

 

着付けの前に準備する物はコチラです ↓

あわせて読みたい
浴衣を着る前に必要な物をリストにまとめてみた♪ 「花火大会や夏祭りに浴衣を着たい!」 といった悩みを抱える方は多いはず。 そこでネックになるのが浴衣の着付け。 ...

 

浴衣の着付けに関しての記事はコチラ ↓

あわせて読みたい
浴衣の着方は女性でも簡単!着付けのコツが気になる! 浴衣の着付けって本当難しいですよね。 「夏祭りや花火大会で着たいけど、  浴衣の着付けや着方が分からない」 ...

 

浴衣の帯締めは一人でも簡単!

 

帯締めは難しそうで私には無理かも

そんな嘆きの声が聞こえてきそうですが、
実はそんなことはありませんよ(*´▽`*)

動画を見れば、言葉の意味が分かるはず!

 

 

まずは半幅帯をご用意して下さいね。
次に、和装用のクリップを準備して下さい。

↑ 洗濯ばさみでも代用可能なのでご安心を。

 

動画の状態は、腰ひも伊達締めまで終了。
そしていよいよ、帯を締めて終わりです。

ここまでの過程が知りたい方は、
上で紹介した関連記事をご覧くださいませ。

 

  1. 親指~中指までを1とカウントします。
  2. 上記のカウントが2.5の位置でクリップ。
  3. 顔の中心にクリップが来る位置で腰に固定。
  4. 固定した位置で帯を広げて腰に巻きます。
  5. 一周巻いたら軽く調整し、合計2周巻きます。
  6. しっかり持って、クリップの位置を右下へ。
  7. この後の結びは動画で確認して下さい。
  8. 左右のバランスを確認して山折りにします。
  9. 次に谷折りにしたら、クリップを外します。
  10. 右上に逃がしていた帯の端で結んでいきます。
  11. 残った帯の端は、伊達締めの間に隠して終了。

 

この結び方は、武井咲さん仕様です。
気品ある大人の女性にはピッタリ!!

回す時に、帯の形を崩さないよう、
最後まで気を抜かないで下さいね(笑)

女性の大人にオススメの帯締め(貝の口)

 

とてもシンプルで派手さのない締め方。

ですが、浴衣の柄を強調したい時や、
髪型を強調したい時にとても合います。

 

 

今回の動画では、クリップは使わずに、
帯締めをしているので・・プロですw

もし皆さんが、帯締めを真似する時は、
クリップや洗濯ばさみを使って下さい♪

 

スポンサードリンク

女性の大人にオススメの帯締め(辻が花)

 

こちらの結び方は個人的におすすめ!!

超シンプルなのに、気品が漂っています。

 

 

動画を拝見すると分かると思いますが、
序盤の帯結びはカットされていますねw

しかし、冒頭で紹介した結びと同じです。

クリップを2.5の長さで留めます。
折り返して頂き、腰に巻いていきます。

 

シンプルな柄の帯を使った場合ですが、
アクセントで、飾りを付けるのもOK!

ちょっとした華やかさを演出するだけで、
背中から見た時の印象が変わりますよ(^^)

とっても簡単な作り帯編

 

作り帯付け帯ワンタッチ帯と呼ばれ、
帯を締める手間を極限まで減らした物。

それが作り帯という画期的な帯なのです。

早速、締め方(付け方)の動画がコチラ ↓

 

 

作り帯の種類がとっても豊富です。
レビュー評価の高い帯がコチラ ↓

 

 

 

 

クリップで留める必要もないので、
巻いて付けるだけ。という手軽さ。

他にもまだまだ作り帯があるので、
気に入った物を見つけるのも楽しい♪

最後のまとめ

 

帯締めは、練習が必要な技術ですが、
慣れてしまえば、一生ものの技です。

最初は四苦八苦で疲れるかもですが^^;

 

作り帯に関しては、さほど苦労もなく、
時短を図れる為、忙しい時にピッタリ!

それに最近の物は一見すると分からず、
自然な作りなので、判別は難しいです。

価格も安いので購入するのもアリかも。
気軽に浴衣を楽しんでみて下さいね(*’▽’)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク