Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
浴衣のまとめ

浴衣が似合う人の特徴とは?体型やカップで悩む女性に必見!

 

スポンサードリンク

浴衣といえばお祭り花火大会など、
地域のイベントにはピッタリの和服♪

女性が着るイメージが強いのですが、
男性にも根強い人気を誇る勝負服です。

 

浴衣似合う人似合わない人・・。

その差は一体なに?そんな疑問を持ち、
着ることを悩む女性が実は多いのです。

そういった悩みを解消したいと思い、
まずは似合う人の特徴を調査しました。

 

浴衣が似合う人の特徴①

 

細身の体型

浴衣を着ると、体型を気にする方がおり、

普段着よりも太って見える・・

と言い、敬遠するケースがとても多い!

実はこの考え方はとっても勿体ない!!
ということを先にお伝えしておきます。

 

浴衣を着ると太って見える原因は?

 

まず、浴衣の柄が体型と合っていない

どういうことかというと、
体型といっても様々あり、まずは身長。

身長が高い or 身長が低い。という差。

カップがある or カップが小さい。など、
パッと見の個人差も関係してきますね。

 

色には膨張色というものが存在します。

 

上図を覚えておくととっても便利ですよ♪

私は太ってるから・・」と嘆く方は、
白に近い色を選びがちではありませんか?

 

 

上の画像を見ると何となく、
の女性のほうが細く見えますよね?

膨張色とは目の錯覚を利用した方法で、

無意識に選ぶか、意図的に選ぶのか。
その差が大きな差を生んでしまうのです。

 

ここまでのことをまとめますと、

  • 太ってると悩む方・・濃い色を選ぶ
  • 細すぎると悩む方・・淡い色を選ぶ

 

この選び方を基本として覚えて下さい。

浴衣が似合う人の特徴②

 

カップのサイズを考えたコーデ

 

「カップが大きすぎて困ってます」

 

カップが小さくて悩む女性からしたら、
とても腹立たしい悩みかもしれません。

しかし、浴衣や着物といった和服には、
胸の大きさはメリットには働きません。

 

逆にカップが小さめの方のほうが合い、
浴衣を着る幅というのが増えるのです。

そのため、カップを小さく見せるために、
様々な方法を用いて、試行錯誤する方も。

 

カップを小さく見せる簡単な方法は?

 

人によってスポーツブラサラシを巻く。

サラシの代わりにタオルを巻くといった、
バストをキツキツにして隠すようですね。

 

もっと手軽で苦しくない方法はないの?

そんな方にオススメしたいのがコチラ ↓

 

 

本来の用途は・・深く考えないで下さい^^;

浴衣の似合うベストなバストサイズは、
B~Cの手前だといわれているようですね。

 

上の胸潰しシャツを使用して頂くだけで、
大きくて悩む方もスリムな体型に変身!!

S~XXLの5段階にサイズが分かれており、
自分に合ったサイズをご検討して下さい。

 

カップが小さすぎて悩んでます

 

胸が小さくて悩む方もいるようですが、
浴衣の場合、胸を主張してはいけません。

胸にボリュームを持ってきてしまうと、
ずん胴体型に見えてしまう可能性も^^;

 

ウエストが細い場合や太い場合などは、
バスタオルなどで体型の補正をします。

 

 

実はカップが小さい方のほうが、
浴衣の着付けがとっても楽なのです♪

浴衣が似合う人の特徴の一つには、
カップの大小というのも大切なのです。

 

スポンサードリンク

浴衣が似合う人の特徴③

 

身長に合った浴衣を着ている

 

『自分が気に入った浴衣を着る』

この選び方が一番後悔しないですよね。
しかし、柄の選択こそ最も大切な要素!

浴衣のサイズの次に大切なのがです。

 

柄といっても、沢山の種類があります。
しかし、大切なことは柄の大きさ選び!

 

私は身長が低いから似合わない

私は身長が高いから似合わない

 

どちらかで悩む方が必ずいるのです。

この法則を知っておくと便利ですよ ↓

 

  • 小柄な人は小さな柄を選ぶ
  • 大柄な人は大きな柄を選ぶ

 

この法則を逆にして考えてみます ↓

身長が高い方が、小さな柄を着ると、
弱々しく痩せて貧相に見えるのです。

身長が低い方が、大きな柄を着ると、
年齢以上に子供っぽく見えるのです。

 

この項目をまとめると、
柄選びが出来る人は浴衣が似合う人

浴衣が似合う人の特徴④

 

浴衣のワンポイントが上手い

 

先ほどは、柄選びについてでしたが、
次は浴衣セットアイテムのお話です。

まずはについてお話をしていきます。

 

帯は、浴衣の次に大きな面積を要し、
どうしても目が行くポイントアイテム。

 

 

浴衣帯の色合わせていますか

 

  • 浴衣と帯が同系色でまとめる
  • あえて浴衣と帯の色を変える

 

どちらもスリムに見せる効果があり、
間違うと、逆効果も起こりえます^^;

同じ色でコーディネートするのが、
初心者向けで、失敗しない方法です。

 

浴衣の色よりも、帯に濃い色にすると、
目線が帯に向くので、体型を隠せます。

これは上級者向きのテクニックなので、
膨張色を考えながら選んでみて下さい。

 

バッグや下駄、アクセサリーなども、
浴衣が映えるのに一役買うアイテム!

 

 

バッグは、自然素材を選んでみたり、
中の巾着の色でコーデが可能です。

 

 

下駄で足元もお洒落に演出するなど、
魅せ方の方法は沢山あるのです。

足元は、黒のほうがスッキリ見えますね。

最後のまとめ

 

浴衣が似合う人の特徴というのは、
いかに自分に合ったコーデができるか。

本当にこれだけでは?と私は思います。

 

まず最初に、体型を気にする方が多く、

私に浴衣は似合わない」と、

諦める方が、世の中には結構います。

自分に合う浴衣を探すのは楽しいので、
時間を掛けて探してみると面白いです。

 

それに、浴衣のセットはお買い得です!

 

 

画像の浴衣は、帯と下駄がセットで、
3980円という驚きの価格なのです。

20柄から選べるので、
自分好みの柄がきっと見つかるはず!

 

夏祭りや花火大会といった場所には、
是非とも浴衣で楽しんでみて下さい♪

きっと楽しい思い出が作れるはずです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク